上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、私は自宅待機で出勤せず。
今日久しぶりの仕事に向かう途中です。

電車の運行が制限され
車両数も少ないので当然混雑。
いつもより1時間早く出て、各駅停車に乗っています。

これまた久しぶりに登場のウォークマンで
何か音楽を聴こうと思いました。
もちろんホセ・カレーラスの歌声ですが
パッションたっぷりの歌はちょっと疲れてしまいます。

自然に選んだのは「ミサ・クリオージャ」。
この状況だから、とか被災地を思って…という訳ではなく
単純に、自分を癒してくれる曲として選びました。

昨日はテレビで流れるバッハが心地好かった。

普通に暮らしている首都圏の私たちも
もうそろそろ美しいものに触れたい。

音楽に、美術に、演劇に、舞踊に。
スポンサーサイト


なんだか毎年恒例となりました、河津桜詣で(笑)
埼玉から伊豆は遠い…

今年はまだ1分咲きといったところです。
3連休最終日で穏やかに晴れた日ですけれど
観光客もそこそこの賑わい。

心安らぐ水の音の邪魔にならず、いい感じです。

毎日まだまだ寒いけれど
着実に春はそこまで来ています。

冬のベランダは寂しいのですが
今年は3鉢のクリスマスローズと
2鉢のローズマリーが花をつけていて
楽しませてくれます。


ピンボケですが写真は「モーツァルトブルー」という種類のローズマリー。

濃い青紫色がお気に入り。

野菜もいいけど、今年は花も育ててみたいな。
昨日は今年初のウードのレッスンでした。
昨年末に右手の大スランプに陥り
先生からは「年末年始は曲弾き禁止令」が出て
ただひたすら右手の練習と、
ドゥラーブ(ピアノのバイエルみたいなもの)に明け暮れました。

右手はかなりよくなった模様ですが
自分でどこがどうなって良くなったのか納得できず
そして「また出来なくなるかもしれない。そしたらこの地獄のやりなおし」
という恐怖が頭を離れません。
技術的には脱出したかもしれないけれど
精神的にはまだスランプから抜けられないでいます。

そんな中、先生が5コースの弦のチューニングを変えると言いました。
ブチブチ文句をいいながら、ド→ラに音を下げました。
昨夏にやり直した指づかいを
もう一度やり直さなければなりません。


5コースの弦は今までチューニングが落ち着かなくて
バシバシ毎日落ちまくっていた困ったちゃんでした。
「ちゃんと止まってね、落ちないでね」と
いつも言い聞かせてチューニングをしていました。

レッスンから帰ってウードをケースから出して
5コースの弦を弾いてみたら
ラに下げたはずなのに
シ♭に音が上がっていました。
ウードの弦の音が下がる事があっても
上がるなんて事は今までなかったのです。

「お前はドだよ、下がるんじゃないよ」と言われて
この子はこの子なりに「ド」でありつづけようと頑張ったのかもしれない。
それで今回は、必死で音をドに戻そうとしていたのかもしれない。

そんな妄想が頭を駆け巡り
今まで私は一人で苦しんで頑張ってきた気でいたけれど
この子も一緒に苦しんできたんだと思うと
自分が情けないやら恥ずかしいやら
そして5コースの弦にはごめんなさいの気持ちで
いっぱいになりました。


今日は初釜のお稽古でした。
毎回奮闘する着付けですが、今回は帯に大苦戦。。
しかも今回は正客(苦)。ほとんど勉強してません。


今日の掛け軸は「日日是好日」。
毎日が良い日、良くないこともあるけど
良い日に変えていきましょうと先生のお話がありました。

京風お雑煮をいただき、お濃茶のあと
おいしいお食事の時間♪
楽しみなお祝いのお酒、私の杯には
たくさんの「金粉の塊」がそそがれました(笑)

食べて飲んで終わりではありません。
札を回して順番にお茶を点てる「花月」をします。
今年は「員茶の式(かずちゃのしき)」。

お天気も穏やかな日で、笑いがたくさんの楽しい初釜でした。

これが終わると「大ミッション終了」な気分に毎年なるのは
なんででしょうね?
(やっぱり着付けかな…)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。