上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・・といえば、埼玉銘菓「十万石饅頭」ですが
(何ソレ?という方はこちらのCMをどうぞ)
今日の「美味すぎる」はコレです。


200705311927352


友人が仕事で行った京都のおみやげで
祇園・不老庵の「こげあられ」というものです。
「こげあられ」というだけあって、お醤油を焦がした香ばしい風味で
しかもサクサクと軽い食感。

美味い!美味すぎる!
祇園に行ったら是非お試しを。

そして、こちらは我が家にある「私の苦手なもの」

20070531192735


「ニッキ飴」。
うちの相方はこのニッキ飴が大好きで、よく口にしています。
しかしこれをなめていると、ニッキのかほりが部屋に充満し、何とも・・・・
よく私が「ニッキくさいよ!」と文句を言うので
最近は相方も遠慮しつつなめています。

先日、某ホールにコンサートへ行った時
お隣サン(相方ではナイ)が突然ニッキ飴を取り出しなめ始めました。
その座席付近がニッキのかほりにつつまれて・・・・う??ん。。。


スポンサーサイト
今週も月曜日から張り切って踊ります。
初めてギター伴奏と、ソロの振付を合わせてみました。
といっても、まだ振付は半分くらいしか出来ていないのですが。

なかなか生ギターとあわせるチャンスがない私には
ギター伴奏にあわせてカウントするのが難しく
パルマ叩きながら出てくる出だしが合わなくて
何度も練習させていただきました。

ここのところ、家では舞踊家クリスティーナ・オヨス監修の
「ソレア」教則CDを聴いて勉強中ですが
ギタリストさんが弾いて下さったその日の「ソレア・デ・アルカラ」は
私が想像していた情熱的で重厚な音色ではなく
意外にも、しっとりとして繊細なギターでした。

これは予想外・・・・・
どっしり系踊りを妄想していたけれど、しっとり系に路線変更が必要?

そして歌の部分の振りが終わり、エスコビージャ。
難関のサパテアードです。
練習は裏切らない!!
1週間前はヘロヘロだったサパテアードが、ナントちゃんとリズムよく
打たれているではないですか!
イケている・・・・今、私はかなりイケている・・・・
と、すっかり悦に入る私でした。

全部振り付けが出来上がると8分ほどの長さになるそうです。
まだ前半しか出来ていませんが、既に心臓はバクバク、汗ダラダラ、
呼吸は乱れまくっています。
先生の構想によれば、既にここまでで盛り上がってしまったので
後半はカンテに盛り上げてもらって、踊りはしっとり系になるとか。
2回目のエスコビージャもハードなサパテアードは入れない予定。
速度の増す締めのブレリアは10コンパスくらい?!よかった
高速ブレリアを延々とやらされたら
舞台ソデに引っ込むまでに息絶えてしまいそう・・・と思ったので。

一人で舞台に立つのって大変だな、と思っていましたが
実は一人ではないのがナマ演奏のいいところ。
ギターの方は下手な私の様子にあわせて下さるし
カンテの方も歌の合間にハレオ(掛け声)をかけて下さったり
とても心強いな、と思いました。

続けて練習すると、確実に結果が出ることがわかってきたので
最近は、練習をしないことがこわくなってしまいました。
「出来たことが出来なくなる」のが恐いのです。
ちょっとやりすぎ?とは思いつつも、そんなわけで
今日も、明日も、あさっても、とりあえず今は練習あるのみ!
おっと・・・・・あさってはベリーダンスの自主レッスンだった

ベリーダンス昼クラスで使っているのは東銀座にあるスタジオ。
私たちのレッスン時間の前には、サルサのクラスがあります。
講師の方はスタジオ管理者のお一人で、とても綺麗な先生。
生徒さんは、年齢層若干高めの方々。
昨日は少し早めにスタジオに着いたので、サルサクラスを
少し見学させていただきました。

どうやら舞台向けのミニミュージカル仕立ての振付です。
音楽は私の記憶が確かならば、映画「シカゴ」で使われていた曲かな?
(その曲を聴いたら、脳内でリチャード・ギアがウィンクしながら
華麗にステップを踏んでいた・・・

女性陣は、ダンス歴のかなりある方々のようですが
一人だけいた男性(いかも少し若め)は初心者のようで
この振付では「ウケを狙う」コミカルな動きを先生から教わっていました。
失敗しても、覚えられなくても、みんな楽しそう。
先生も生徒さんも、爆笑しながらしかし真面目にレッスンは進みます。

あ??、何て楽しそうなんでしょう!
クラスの雰囲気もいいし、音楽もいいし、踊りも魅力的。
ヒールの高い靴を履いて踊っていましたが、太いヒールで
フラメンコ靴と同じように見えました。意外としっかり立てそうです。

(以下、脳内妄想中・・・・・)
これなら、普段履いている靴と同じくらいだな。
あの女の人より、私の方がうまく踊れそうじゃないかしら?(←大変無礼
このクラスなら、結構早く追いつけるのでは・・・・?(←大変失礼


まずい・・・・脳内ではすでにあのシルバーのハイヒールを履いて
私も一緒に踊っています。
頭の中で浮かんだことは、既に実現に向かっているということですから
フラメンコの発表会が終わった後、余裕のできる今秋あたりには
この時間帯にサルサのレッスン受けているかも?
サルサの後、ベリーダンスを続けてレッスンすれば効率的
こっそりとサルサクラスのチラシも入手。ワンレッスン料金体系で、まァおトク。
しめしめ。

そんな事をしたら、体がヘロヘロで
ヘシャム先生がいつも言う「Concentrate」が出来るかどうか、あやしいところですが・・・

ラテン系ダンスの甘い誘惑に打ち勝つことが出来るかな??


きょうは、オンザウォールが俳句を詠んでみようと思うの

 「あの
動き 登場すると かぶりつき」


*このエントリは、ブログペットの「オンザウォール」が書きました。
BlogPet 今日のテーマ お酒やドリンク
「あなたの好きなお酒(飲めない方はソフトドリンク)を教えてください。」
こういうテーマにはすぐ反応してしまう・・・

私の酒、それは「八海山」。
美味しいお酒はいろいろありますが、八海山を飲むと
「あ???、やっぱりコレだね!」とオヤジのように唸ります。


出会いは八海山にスキーに行った時。
宿泊先のサービスで、このお酒が出されたのです。
それまで日本酒はどちらかというと苦手でしたが
「こんなにサラリと飲めるお酒があるなんて!」と感動してしまいました。
体に合っていたのでしょうね。

梅酒も好きで、実家でとれる自家梅で毎年作っている梅酒を
いつももらってきます。
先日はナント、「平成2年に作った梅酒」が出てきたので
「どんなに熟成されて、濃厚なお味になっているのだろう?」と
ワクワクして飲みましたが
あまりに長い年月の間に、アルコールはすっかり抜けて
ただの「濃い梅シロップ」になっていました・・・・・

皆さんの好きなお酒はなんでしょう?
そのタイトルだけで、チケット取ってしまいました。
アラン・プラテル・バレエ団 『聖母マリアの祈りvsprs』

A席ながらオーチャードホール最前列でかぶりつきの席です。
心なしか、観客は少ないように思います。
コンテンポラリー・ダンスだからかな?

事前勉強はほとんどせずに行きました。
幕が上がると舞台上には白い大きな山が現れ
奥には音楽を奏でるバンドのメンバーが座っています。

一人、また一人とダンサーが登場。私たちが想像する「ダンス」とはかけ離れた動きをします。
動きのほとんどは電気ショックによる痙攣のようなもの。
ひたすら痙攣の動きをし続けます。
そのうち、ダンサー2人がお互い頭突きするような動きをしたり
または客席からダンサーが登場して、意味不明な言葉をニホンゴで叫んだり
完全にイッちゃってる人々、のように見えます。

ストーリーはあるのか、ないのか、多分「観た人の感じることがすべて」なのでしょう。
音楽はモンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」を
ジャズやロマ(ジプシー)風にアレンジ。
ジプシーブラス風の演奏は、とても楽しめました。
が、踊りを楽しめたかどうかはまた別のお話です。

観客として勝手なことを言わせていただければ、完全にドン引きで見ていました。
私に鑑賞力がないのは仕方がないのですが
何を感じろというのだろう・・・・。
奇怪な動きと時々発せられる奇声によるとんがったエネルギーが
舞台から矢のように降ってきて、だんだん頭が痛くなってきました。
ひとりで見に行っていたら、途中で席を立ったかも。

祈りの究極はエクスタシーということかしら。

ダンサーの鍛えられた踊りには、ただただ感服いたしました。

私は大した感想が書けませんが、一緒に行ったクッキーさんのブログ
詳細な鑑賞記があります。
是非ご覧下さい♪




きょうアヌビスで、OKが留守すればよかった?
オンザウォールは瓶とか保存したかったの♪


*このエントリは、ブログペットの「オンザウォール」が書きました。
ダンス用レンタルスタジオはたくさんありますが
フラメンコが出来る貸スタジオとなると、ちょっと探すのが大変。
あるにはあるが、結構お高いお値段だったりします。

が、なんと自宅から徒歩5分のところにフラメンコ用貸スタジオがみつかりました。
さっそく予約して行って見ると、オーナー宅の地下室にスタジオがつくられていました。
一人で使うには申し分のない広さ。しかもゲキ安レンタル料!
フラメンコ靴に釘打ちしてある人は、かかと部分をテープで張って使わなければなりませんが
釘無し靴の私は全く問題なく使え、しかも床も足にやさしくイイ感じ。
ダン!ダン!と思い切りサパテアードを踏むとよく響いて、
まるで自分がクリスティーナ・オヨスステラ・アラウソにでもなった気分。
いいスタジオをみつけました。
さっそくレッスン開始。

しばらくソロの復習をします。
お休みしている間に脚力が弱ったのか?
前回の個人レッスンでは驚くほど足が動かなかったので、
これは筋力アップを計らねば・・・・
と思ったのが、自主レッスンのきっかけ。
けっこう汗が出てきました。さて、どれくらいの時間がたったのかな?

ええっ!?15分しかたっていないよ?


普段ベリーダンスの自主レッスンは仲間とワイワイしながら踊るので
2時間の練習時間はあっという間に過ぎるのですが
たった一人で練習するというのは、こんなにも時間がたつのが遅く
しかも、結構濃密に出来たりする・・・

この日もいつもの勢いで2時間予約したので、中だるみ。
こんな風にアバニコ(扇子)持ってポーズをとり
記念写真を撮ったりして遊んでいる。

20070516230210




1時間をたつ頃から「サパテアード(フラメンコのステップ)ダメダメじゃん!」という事に気が付き
焦りつつ集中的にバタバタバタ・・・と休みなく練習しました。
写真撮ったりして遊んでるヒマなかった・・・・

2時間のレッスン後は足ガクガク、腕ブルブルでぐったり。
サパテアードは何とかなってきたが、まだ確実とはいえない。
練習あるのみ。土曜の個人レッスン前に、またスタジオ予約しました。

予約は携帯メールでOK。
これはマイ・スタジオのように手軽に使わせていただけそうです。

毎年ぬか漬を作っています。
でも留守にすることも多いし、においもなあ・・・・なので
小さい瓶に入れて、冷蔵庫で保存しています。
つかるのに時間がかかりますが、食べる時には冷えていておいしい。
冬の間は漬けないので、そのまま冷蔵庫に入りっぱなしです。

20070513161120.jpg


今年は母のススメでこれを使って「たしぬか」しました。
若奥様も手造り簡単プロの味
塩などの調味料がすべて入っているので、このぬかと同封されてるからしと
水を加えるだけで、簡単に作れます。


200705131611202.jpg


夕食に食べたいならば、朝でかけるときに漬ければOK。


200705131611204.jpg


亭主まっしぐら(笑)。
先日私の実家でぬか漬が出たとき、きゅうり6本分食べるほどの大好物。
争うようにして食べます。

「お金がない・・・・・
なんでって?理由は「踊り過ぎ」です(笑)。

特に発表会が迫っているフラメンコはお金かかります。
クラスレッスンの月謝と、個人レッスンを毎週いれるのでそのためにかかるお金。
ソロの衣裳ははやくも決まり、昨日採寸(これがワインレッドの素敵なワンピース!)、
でもセパレーツよりワンピースの方が高いそうな。いくらになるんだろう。
他の曲は持ち合わせの衣裳で何とかなるだろう、と思っていたら
クラスで踊るグアヒーラの衣裳がみんなで揃わないことが判明、
仕方がなくこれも新調することになりました。
スカートのフリル1段1万円といわれるこの世界、
何とかフリル1段で抑えて欲しいと思っていたら
グアヒーラは3段くらいあったほうが曲にあうのよね?」と師匠。
せっかく作るのだから、もう3段にしちゃえ!・・・となりそうな予感。

発表会前は金銭感覚がいつも麻痺します。
お金はレッスンの度に湯水のように出て行きますから
トータルでいくらかかったか、なんて計算したら大変(笑)。
発表会終わったら、さっそく次回に向けて貯蓄に励みます。

そして今日はベリーダンスの月謝も納めました。
「お金ないよね・・・・」みんなでため息をつきます。

レッスンに行くためのお金を捻出するため、
外食は控えるとか、マイボトルにコーヒー入れて持ち歩くとか。
「よしよし、今日も300円無駄にしなかった。ウッシッシ」
と、こんなカワイイ金額を積み重ねて自己満足に浸ります。

でも、お金ナイナイと言っているみんなは何て幸せそうな顔をしているのでしょう。
それは、皆それぞれ好きな事と真剣に向き合い、そのためにお金を遣っているから。
ナイナイと同じ事を言っている私も、ナイナイ生活始めてから毎日が楽しくて仕方がない。
いまのお金の使い方は決して無駄遣いでないことがわかっているから。

ナイナイと言っても何とか生活してるし、好きなことを思いっきりできる
お金と時間の余裕があることに感謝。
そして同じような生き方をしている仲間が周りにたくさんいてくれることにも、感謝。

そんな日々を過ごしながら、「ほんとうの豊かさ」って何だろう、と考えている今日この頃です。


しかし、現実は厳しい
フラメンコのソロに選んだソレアは予想以上に難しい。
自分のフラメンコのどの引出しを開けてもみつからないものばかり。
毎週自主レッスンにスタジオ通いしなければ。
今回の発表会は、せいぜい3曲程度にしようと思っていたら
ナント6曲もエントリーされていました。。。。

それ、全部覚えるの

ベリーダンスクラスが新曲に入りましたが
昼クラスと夜クラス、同じ振付なのがせめてもの救い・・・・

そんなわけで、毎日ダンス中心の生活を送っています。
いつまで続くかわからないけど、とても幸せ。
それは間違いないことです。

きょう、今までテーマへ転換されたみたい…
でもきょうは放送しなかったー。
いやアヌビスと今でお答えしたかった。

GW前半は相方の実家がある群馬へ行きました。


そして昨日東京に戻ってまいりました。




いちおう歴史のある方は反応しまくりのはず!
ちなみに「FIVE」とは
?商業と工業 ?農林水産業 ?自然と環境
の意味で、5人ということではなさそう。
増える可能性もあるらしい。


じゃあ次は
 ・イカホピンク
 ・上州源龍
 ・ハルナブルー
 ・クサツグリーン
 ・アカギレッド
 ・ミョウギイエロー
以上3人は群馬を象徴する水源と温泉である水流と源泉を表すとか。


名前を聞いただけで、群馬のヒーロー 超速戦士G-FIVE!



*このエントリは、ブログペットの「オンザウォール」が書きました。



  アヌビス評・・・・・
連休中に、NHKでピアノを特集した番組の再放送を見ました。
そこで印象に残ったのが、原智恵子のピアノ演奏。
「情熱的な演奏にヨーロッパが熱狂」という紹介があったように思いますが
まさに、パッションに溢れた演奏が少しだけ流れました。
名前は聞いたことがありましたが、演奏は聴いたことがなく
また、特に興味を持つこともありませんでしたが
この原智恵子さん、大変な方だったのでした。

1937年のショパン・コンクールに出場。
和服姿で演奏(この写真にはビックリ!)、聴衆を沸かせながらも結果は第15位。
しかしその結果を不服とする観客をなだめるために
急遽「特別聴衆賞」を彼女のためにつくり、場をつくろったそうです。
詳しくはこちらをご覧下さい。

伝説のピアニスト 伝説のピアニスト
原智恵子 (2002/10/19)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る


図書館で借りてきましたよ?!
ちょうど返却されてきたところでした。ラッキー!

ショパンのピアノ協奏曲第1番は凄い。
ピアノ聞き比べをあまりしない私は多くを語ることはできませんが
弾き手の感情がよく伝わってきます。
情熱的に、また叙情的に、繊細に。
今のように海外で活躍する日本人ピアニストがたくさんいなかった時代に
こんな人がいたとは。
何でしょう、不思議と繰り返し繰り返し聴きたくなり
また聴いてしまう、そんな演奏です。
私の肌に合ったピアニストなのかもしれません。

ショパンのスケルツォ第2番は録音状態が悪いものの、やはり情熱的表現が印象的。
ドビュッシー「子供の領分」もそれぞれの曲の特色が出ていて楽しい。
日本での活動があまりなかったため、録音が少ないのが残念です。

もう少し原智恵子の世界に浸っていたいのですが
そうもいかないようです。
今日、待望のメールがやってきました。
カレーラス新CD「T'estim i t'estimare」がタワーレコードから
発送されたとか!
やった??
週末はまた、カレーラス三昧な時間を過ごせそうです。



BlogPet 今日のテーマ パソコンの壁紙
「あなたが使っているパソコンの壁紙は何ですか?」
今日はやめようと思ったのに・・・・
コレにお答えしてしまいましょう。

ズバリこの人!ホセ・カレーラス様。


3T-3_i.jpg


3大テノールのリハーサル中と思われる写真。
優しい笑顔に癒されます。

聞かれていませんが、携帯の待ち受けはコレ。
ダンスの師匠ヘシャム先生はこれを見て
「Oh,your LOVE!」と言ってニヤニヤとお笑いになる。

Baras_Carreras.jpg


日本でも人気のフラメンコダンサー、サラ・バラスと共演の写真。
これが好評で、日本をはじめいろいろな国からオファーがきているらしい。
是非日本でやってほしい!サラ・バラスの踊りは見たことがないけど。
チケットが高額になるのは必至。カレーラスを知らないフラメンコファンは
度肝を抜かれることでしょう・・・・・・・

と、今日も自己満足で幸せなネタでした。ああ、幸せ。
BlogPet 今日のテーマ 気分転換
「休みムードが抜けきれない連休明け、あなたの気分転換方法を教えてください。」
今日はこのテーマにお答えしてみましょう。

今夜放送の東京MXテレビ「ハワイアンライブ・イン・バードランド」を見る。
「ザ・バーズ」のトロトロ?♪な演奏と
いろんな教室の生徒さんが踊るユラユラ?な
フラダンスを見て癒されたい・・・・・
これで気分転換は完璧。
いや、また休みモードになったりして。

私にとってフラダンスは見るもの。見るとなぜか癒される。
でも踊りたい気分にならないのが不思議です。
今日、アヌビスが
群馬に時間作ってもらえるのかな、と
思ったことを正直に話してみると
「レッスンに来てくれたら大丈夫よ。
とか言ってた?

*このエントリは、ブログペットの「オンザウォール」が書きました。
GW前半は相方の実家がある群馬へ行きました。
高崎市のすぐそばの某所に実家はあります。
暇をみつけて地元散策などしました。

200705021909152.jpg


いちおう歴史のあるといわれる神社。
狛犬さんの後ろに何やらスペースがありますね。
神社、スペース、そして誰もいないとなれば、やることはひとつ


勝手に奉納ダンシング?

神社の由緒などを粋にメモする相方にかまわず
踊る踊る踊る・・・・・・・
もちろん神様には「踊らせていただきます」とお断りして
とりあえず持ちダンスを全部ご披露(笑)。
意外にフラメンコと神社が合うのにビックリ。
砂利に足がズズっと入り込むのが、フラメンコらしくてよいのかも。

その後は高崎のシンボル白衣観音に参拝。
お胎内の中も登り、疲れたので一服。

20070502190915.jpg


あんみつ、おいしゅうございました。

そして昨日東京に戻ってまいりました。
家でNHKを見ていると、タイムリーにもこんな話題が。
群馬のヒーロー 超速戦士G-FIVE
こちらのサイトで彼らの勇姿をご覧下さい)

よくある地元ヒーローのようですが、一人一人の名前が面白い!
 ・アカギレッド
 ・ハルナブルー
 ・ミョウギイエロー
以上3人は「上毛三山」を表していて
 ・上州源龍
 ・上州源仙
この2人は群馬を象徴する水源と温泉である水流と源泉を表すとか。

名前を聞いただけで、群馬に多少とも縁のある方は反応しまくりのはず!
ちなみに「FIVE」とは
?商業と工業 ?農林水産業 ?保健と福祉 ?教育と文化 ?自然と環境
の意味で、5人ということではなさそう。増える可能性もあるらしい。

じゃあ次は
 ・クサツグリーン
 ・イカホピンク
 ・シマブラック
なんかどうかなあ。


調べてみると、ローカルヒーローは他にもたくさんいて
埼京線で活躍中の「埼京戦隊ドテレンジャー」もなかなか面白いですが
ユニフォームがちょっとね・・・・。

何はともあれ、群馬のために頑張れG-FIVE!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。