上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081231161432
大晦日ですね。
皆様 いかがお過ごしですか?

私は2日前からスキー場に来ています。
雪も十分積もっており、お陰様で楽しい年末を過ごしています。

今年は一年を通じてたくさんの方々と触れ合い
そして支えていただいた年でした。
お世話になった先生方、先輩、後輩の皆様、
そしていつもそばにいてくれるお友達の皆様、
拙いブログにお運びいただきお読みくださった皆様、
本当にありがとうございました!

また来年もよろしくお願い致します。
皆様どうぞよいお年をお迎え下さいませ。
スポンサーサイト
12月18日、ライプツィヒにて恒例の「Jose Carreras Gala 2008」が行われました。
今年で14回目になります。
白血病の研究や患者・家族の支援のための寄付を呼びかける
カレーラス版「24時間テレビ」といったところでしょうか。
カレーラスの活動に賛同する様々なジャンルのアーティストが参加し
また白血病の治療の現状なども紹介されているようでてす。
(何しろドイツ語なので、さっぱりわからない・・・・・・・)


今年は5,600,000ユーロの寄付が、3時間ほどの放送の間に集まったそうです。
こちらで放送を見ることができますよ。
http://www.mdr.de/carrerasgala/

私もやっと見ることができました。冒頭ではカレーラスが慣れないドイツ語でご挨拶。
一生懸命なところがよいですわ。歌と一緒です。
70分過ぎあたりでカレーラスも「ローマのギター」を歌っていますから
お忙しい方は、早送りしてお楽しみください。

写真などはGettyimagesにたくさん。
http://www.gettyimages.com/Search/Search.aspx?contractUrl=2&language=en-US&family=editorial&assetType=image&p=jose%20carreras&src=standard#1

このガラとは関係ありませんが、今年一番私が好きな画像はこれです。
ベルリンの病院に、白血病の子供を見舞うカレーラス。
Berlin Hospital 2

もう、何も言う事はありません。。。。



クリスマスも終わってしまったようです。

先日、練習のお手伝いをしていた大学合唱団の演奏会が終わりました。
注意されては忘れ・・・・(私のことです)を繰り返し、何とか本番を乗り切りました。
カザルスホールの響きは心地よかったです。

はい、私も「前代未聞の年齢詐称」(!?)をして、学生さんと歌わせていただきました?

フラメンコのレッスンははっきり言ってここ2か月程サボリまくっていました。
先週の練習もサボッておりましたら、仲間から脅しメール(?)がやってきましたよ・・・
「アヌビスさん、来週はギター合わせですよ。振付だいぶ変わりましたよ。よろしくー」
ガクガクブルブル・・・・・・・・

昨日恐る恐る、遅れながらもレッスンへ。
来年3月の舞台に向けて、驚くほど皆さん上手になっていました。
私はエジプトで養った集中力(!)で、振付の変更点を覚えるのに必死。
しかし、頭でわかっていても身体がついていかない・・・・・
すぐに身体が反応しないのは怠けている証拠なのです。

そして私のサパテアード(ステップ)の重たいこと重たいこと!
それは私の身体の重さと比例するように重い・・・・・
あの速いブレリアのリズムについて行けません。
回転はバランスが悪くフラフラするし。
カウントに合わせて足も上がらないって、どういうこと?

身体は正直ですね。
合唱もダンスも、継続は力なり。

反省して、来年から心を入れかえて一生懸命レッスンに励みます。
(何で明日から、でなく来年からなんだろう?)



きょうは開催した。
だけど、オンザウォールは野暮なyaku2は花束も撮影したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「オンザウォール」が書きました。
ご無沙汰しております。

放置しすぎて自分のブログがカビはえているのでは・・・・と恐る恐るやってきました。
師走の波にのまれて更新もままなりません。といいわけ
エジプトでご一緒して私より2週間後に帰国したノリコさんの方が
順調にエジプト旅行記が進んでおります。
ブログ友達の皆様、ご訪問はしていますがコメントのヒマがなくてごめんなさい。
(と、さらにいいわけ)

今日は今月唯一の「予定のない夜」を過ごしております。
(どんだけ飲み歩いてるかと思われますね?)
早く帰宅しようかとも思ったのですが、新宿のタワーレコードに寄り道。

街はクリスマスの音楽やイルミネーションで一杯ですが、変な時期にエジプトに行ったせいか
「クリスマスの雰囲気」にとても違和感を感じる今日この頃です。
タワーレコードもクリスマス関連のCDがたくさん置いてありました。
もちろん、カレーラスのこのDVDも。

Christmas With Jose Carreras [DVD] [Import]Christmas With Jose Carreras [DVD] [Import]
(2006/10/31)
CarrerasBavaj

商品詳細を見る

1990年の収録。ちょうど第一回三大テノールの後ですね。
このDVDは去年購入しそびれて、今年はクリスマス気分でもないのでパスしようかと思いましたが
・・・・・・お値段を見て目がテンに。

「990円」

ああ、頭だけでなくとうとう目までイカれてきたか・・・・ともう一度よく見てみましたがやはり
「990円」
と書いてあります。
そして大きく「カレーラスからのクリスマスプレゼント!特別価格!」の札も。

「我がホセ様の作品に1000円満たぬ価格をつけるとは何事ぞ」と
一瞬ハラが立ちましたが
次の瞬間にはしっかり胸に抱いてレジへと向かいましたさ。
「ああ、やっぱり神はいる・・・・・・・・」

スイスの教会で行われたクリスマスコンサートの映像で
ロレンツォ・バヴァーイさんのピアノ伴奏です。ああ、幸せ
18年前なのに、声は今とほとんど変わっていないのでビックリしました!
美しい彼の声と、エレガントなバヴァーイさんのピアノが絡み合って
何とも優雅な時間を味わえます。
曲目も「神の御子は今宵しも」に始まり
古典イタリア歌曲の「主よ憐れみたまえ(Pieta Signore)」、
トルドラの「サンタルチアのロマンス」、アルバレスの「祈り」といったカタルーニャ語の作品、
とてもとても素敵な「ホワイト・クリスマス」そしてアンコールにお得意のトスティ2曲!と
ファンの心またも鷲掴みなのでございます。

是非ともおすすめ!
でもア○ゾンとかで買うより、新宿タワレコに行きましょう。
まだ990円でたくさん在庫がありますから・・・・・・


きょうオンザウォールが黒猫へ爆発したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「オンザウォール」が書きました。
今日12月5日はホセ・カレーラスの62回めの誕生日。
この日をまた迎えることが出来て、心から感謝いたします。



linkoping.jpg


ダンスのワークショップが始まる前、一日だけ空いている日があったので
「どーしても」とワガママ言って、考古学博物館に行きました。

カイロで初めて地下鉄に乗りましたワクワク
駅の中は暗くて、写真を撮ってみたけれどあまりよく写っていなかった。残念。
電車は東京並みに頻繁にやってきているようです。ストもなく快適でした。
ホームが騒がしいなと思ったら、なんとテレビが置かれていて
エジプシャンポップスが賑やかな映像とともにガンガン大音量で流れていました。

エジプトの人に、音楽は欠かせないようです。

電車が到着すると、そこは「女性専用車両」。
日本みたいに一車両だけ、なんてケチではありません。2?3両ある雰囲気。
さすがイスラム圏・・・・・なのかしら。
これまた快適。安心して乗れます。

サダト駅を降りて地上に出ると、車の量も半端ではありません。埃っぽいし。
車の間を抜けるように歩いて、考古学博物館へ到着。
お馴染みツタンカーメンのマスクその他のお宝いっぱいの博物館ですね。

以前来たときは写真撮影できたのですが、今は禁止です。
じっくり見たらここもキリがありませんので、ポイントをしぼって。
団体ツアーがやってこない間に、ツタンカーメンのお宝部屋に急ぎます。
DSCF0082.jpg
(注)7年前の写真です。現在は撮影禁止です。

黄金のマスクの前には、カイロのアメリカンスクールの子供達が座って
「大写生大会」
以前と変わらず、とてもきれいでした。

ミイラ棺や副葬品などを見て回ったあと、王妃アンケセナーメンが夫の棺に入れた
矢車草の花束をみんなで探しまわりました。隅の方にありました・・・・・・
この花束が、いくつかの謎が解く鍵になったのですね。

私はやはり神様像、特に人気のホルス像をじっくり見てきました。
作る人によって完璧に美しい像もあれば、どこかゆがんでいたり
その歪み方がかえってカワユイとか、ファンにはたまらない空間です。
こんなにあるのだから、ひとつお持ち帰りしたい・・・・と思うのは私だけではないハズ。

今回の目玉・・・・古代エジプトのかつら。ノリコちゃんに教えてもらいました。
アフロヘアーが大爆発しちゃったような、重たそうなかつら。肩こりがひどかったのでは。。

そして私とネスリーンちゃんは王家のミイラ室へ。
今回の目玉は昨年特定されたハトシェプスト女王のミイラ。
入口入ってすぐのところにいらっしゃいました。
すっきりとしたお顔をしていらっしゃいます。
男性王のような格好をして、ヒゲまでつけていたそうだから
どんなに濃い方かと思っていたら、あら意外。

真中に我らが大王・ラムセス2世。長身ですねー。またお会いできて光栄です。
近くに息子メルエンプタハのミイラも。前回はあまり記憶していないのでこれまた感激。
お顔がお父様に似ているような・・・・・気のせい?
説明がみつからなかったのだけれど、メルエンプタハのお隣は
ラムセス2世のお父様・セティ1世でしょうか。知的なお顔です。

ミイラ室はふたつあって、第二の部屋には王家の女性のミイラが多かったです。

ミイラを見終わって、私たちは博物館を後にしました。

20081204000231

これの本物が、博物館の中にもあったみたいだよ。
ぼくが乗っている人は、お土産屋さんのものでニセモノなんだってさ。
アヌビスたちはその後、「2.5ポンドショップ」(1エジプシャンポンド=約20円)に行ったって。
日本の100円ショップのようなものだよね。
苦労して探した割には、「メイド・イン・今年のオリンピック開催国」のものが多くて
使えそうなものはあまりなかったみたい。


師ではなくても走る12月。ぼちぼち旅の整理をいたします。
20081201234336

こんにちは。ボクはアヌビスとエジプトに行って来た黒猫のニヤニヤです。
写真の左にいるのがボクです。右はエジプト航空のホルスくん。
アヌビスは残念ながら、今回ホルスの翼には乗れなくて、ロンドン経由でカイロに到着。
深夜のカイロ、ナイル川も神秘的だわ?って騒いでいたよ。

今回の旅の友をご紹介します。

PB190036ニヤニヤ1

左がアヌビスの旅の友ネスリーンちゃんの連れのペットぴよこちゃん。
右が同じく旅の友ノリコちゃんの連れのネズミちゃん。
何だかボクがいじめてるみたいって言われるけど、そんなコトないのだ。
しめし合わせたわけではないのに、みんな連れのペットを持ってくるなんて、面白いね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。