上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日BSジャパンで2月に東京で開催された、オペラ「アイーダ」を見ました。
プラシド・ドミンゴ指揮、アレーナ・ディ・ヴェローナの演奏・演出です。
ドミンゴはもはやラダメスを歌わないのか・・・・・と少し淋しい気もしますが
CGを駆使した舞台ということで、楽しみに見ました。
本公演はチケットがあまりに高すぎて、とても行けない。。。

東京での公演中にドミンゴは腹痛を訴え、その後アメリカで
大腸がんの摘出手術をしていたとは。
4月にスカラ座で早々に復帰するようなのですが、無理しないでほしい。

指揮:プラシド・ドミンゴ
出演:アイーダ:ダニエラ・デッシー
    ラダメス:ファビオ・アルミリアート
    アモナスロ:クラウディオ・スグーラ
    アムネリス:ロッサーナ・リナルディ


少し前にBS-hiで、ミラノ・スカラ座のアイーダを見たばかりだったので
それとの比較もできておもしろかった。

ダニエラ・デッシーのアイーダは堂々としていながらも、
恋に苦しむ一人の女性をよく表現。歌も良かった。
アムネリス役のリナルディも声に伸びがあって好きなタイプ。
ああ、メゾ・ソプラノっていい役が多いなあ。
スカラ座のアムネリスのほうが「王女然」としていたけれど、
あれは衣装の勝利かな。

アイーダとアムネリスがラダメスをめぐって争う「女の修羅場」シーンは
美しくも迫力があり、見ごたえ十分。
アムネリスの「アタクシはエジプトの王女よ。アタクシには勝てなくてよ?ホホホ!」
みたいなイヤらしさがもっとあってもよかったなあ。


ラダメスのアルミリアートはお初にお目にかかるのですが
ドラマティックなこの役でありながら
とてもリリックに歌うテノールでした。
何だか、カレーラスのラダメスを思い出してしまう。
ラダメスは将軍だし、雄々しさや力強さが要求される役だけれど
「アイーダ」って悲しい恋の物語が軸になっているから
祖国と女との間で揺れる男心や
結果女に傾いてしまう女々しさを表現できなければつまらない。

カレーラスがカラヤンの指揮でラダメスを歌った時の思い出として
自伝でそんなことを言っていたのを思い出しました。

CGを使った舞台は、テレビで見る分には結構楽しめました。
遠くに三大ピラミッドが見えたり、
アブシンベル神殿を髣髴とさせる建造物が現れたり。

スカラ座のバレエシーンが圧巻だったので
(こんなにアイーダで踊りを見せるのは初めてだった)
それに比べると物足りない気がしたけれど、悪くはなかった。
スカラ座は、衣装や小物までこだわりを持って
古代エジプトを再現していました。
エジプトファンがヨダレをたらして喜びそうなほど。
さすがミラノよね?なんて言ってはいけないのかな?


この公演はもう一日、ドミンゴがオペラの名場面を演じる「ガラ・ドミンゴ」もあったのですが
すでに放送が終わっていた・・・・・
引越し当日の放送だったから仕方がない。再放送を期待しよう。

ファンとしてはどうなのかな?
私だったら指揮をするカレーラスの後頭部だけを見るのは耐えられない。
やっぱり歌ってもらわないと。
あと何年聴けるのでしょう。

そんなこと言うとヘコんでしまうので、これ聞いて盛り上がろう。
カレーラスの甘くて「一生懸命な」ラダメスを。

ヴェルディ:「アイーダ」全曲ヴェルディ:「アイーダ」全曲
(1999/07/16)
フレーニ(ミレッラ)ウィーン国立歌劇場合唱団

商品詳細を見る






スポンサーサイト
本日転入届を提出し、晴れて立派に(?)越谷市民になりました。

引越ししてからいろんなスーパーを探索しましたが
やはり都内に比べると、品揃えはなかなか満足いかないところ。
もちろん車で10数分走れば大きなスーパーがいくつもあるのですが
私は車が運転できないので
平日一人で買い物するとき、駅周辺に便利な商店街などがないのは
大変不便に感じてしまいます。

ああ懐かしや、十号通り商店街@笹塚。。。

以下、調査結果。
スーパーA?隣駅に隣接。自宅から徒歩10分。都内にもあるスーパーだが価格も自由が丘並みで閉口。
      それなのにブロッコリーが「フニャっ」としているのに驚いた。二度と行かない。

スーパーB?埼玉の東部に展開しているスーパー。かつて実家の目の前にあった。
      価格はまあまあ。品ぞろえは一部不安があるけど普段はここを利用するかな。

スーパーC?駅から徒歩5分くらいのスーパー。ここが一番充実していると思う。
      しかし自宅からはちょっと遠い。大荷物抱えて帰るのが面倒。

スーパーD?隣駅ビルに入っている。お値段ちょいと高め。

困っているのは新鮮な野菜と、魚が手に入りにくいこと。
野菜はなんだかどこのお店もしんなりしているし、
魚に至っては、ものすごく高価か種類が少なくてレパートリーに乏しい私は困ってしまう。

野菜は仕方がないから休日に実家近くの農家直売の店に行くとして
さて、魚はどうしようか・・・・・
さすが埼玉県は海のない県だ。

ふと思いついた。会社帰りに寄れるところはないだろうか。
ありましたのよ。

アメ横(笑)!






家に帰ったら、カレーラスファンクラブ会報が、旧住所から転送されてきました。
ファンクラブの方々、いつもありがとうございます!
一番に目に入ったビッグニュース。

今年も彼に会えるらしい(涙)

11月23日、サントリーホール。ロレンツォ・バヴァーイさんとのテノールリサイタル。
ああ、神様ありがとう。。。
さっそく手帳に「赤ワク」しました。

この日程の他は詳細がなかったので、他の都市でもあるかどうかは今しばらくお待ちくださいませ。

会報はまたまた読み応えあり。
特に楽しかったのは彼を囲んでのレセプションでの「カレーラスと連想ゲーム」。

「赤」についてカレーラスが連想したもの・・・・・「情熱」(当然だ!)
「日本」については・・・・・・「尊敬」
「楽器」については・・・・・・「表現」

会場では彼の知的な回答に、いちいちため息がこぼれた様子。
ちょっとユーモアのある回答としては
「バルセロナ」について連想するもの・・・・「カタルーニャの首都」

掲載されている写真のひとつひとつに彼の人柄がよく現れていて
ため息ついたり、涙ぐんだり。
やっぱり彼についてきてよかった、私には彼しかいないんだわ?との
思いを新たにしたのでした。



きょうオンザウォールがきゃみーゆと予習するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「オンザウォール」が書きました。
引越し終わったかニャ・・・・・?
くろねこ


無事に東京都民から十数年ぶりに埼玉県民になりました。
引越し屋さんって、すごい!
荷物を運ぶのに、どうすれば効率よくスムーズにできるのか
瞬時に判断し、リーダーが的確な指示を部下に与えます。
重たい食器の入った箱を3つくらい積み上げて、軽々と運んで行く。

お客様の手前だけに、言葉遣いにとても気を配っていて
後輩&部下に対して「?してください」「?お願いします」と丁寧語。

無駄な動きが全くない!
お客さまの希望をすぐに把握し、パーフェクトに叶えてくれる。
ほこりだらけの家具はきれいにふいてくれるし(泣)
いたれりつくせりなのでした。

新居での家具の配置も、角度をかえてみたり
その部屋にふさわしく、かつ使いやすく置いてくれました。

「アーティストだわぁ。。。。。。。」思わずため息が出ます。
旦那さまにするなら、やっぱりこんな人ではなかろうか・・・・・
頭がよくて、力持ちで、気配りができて、センスのある人。いかが(笑)?

荷ほどきもほとんど終わりました。あとは私の本棚くらいです。
新しい町にはすぐに慣れてしまって
すでに10年くらい住んでいるかのよう。
ま、実家の沿線ですから。

引越しならお任せあれ。
990913_122755.jpg

明日一度戻って掃除してから完全撤退。

さよなら東京都民(笑)
引越し作業も佳境に入って参りました
押し入れの奥の方から、恥ずかし?い懐かし?いものがザクザク出てきています。

小さな箱から出てきたのは、学生時代の思い出の品。
高校の文化祭で友人たちと演じたミュージカルの台本。
(ほら、そこのアナタ!アナタもいたでしょ?笑)
クラブで合唱劇「オイディプス」やったときの写真。
王妃役の私だけが白塗りで美しかった・・・はずなのですが
何故かぜんぜんイケてなかったことに、今更気がつく。
全部新居に持っていきます。

そしてルーズリーフの束。捨てようと思ったら、それは大学時代
合唱団にいたときの4年間書き続けられた「発声カード」。
ヴォイストレーナーの先生に発声を見ていただいた時の
先生のお言葉を先輩が記録してくれたものです。

ほんの数年前の記録。
一年生の時の春休み練習らしい。
100314_114043.jpg
懐かしい。。。。

同じく一年生春休みのページ、隅っこに落書き。
100314_113800.jpg
たぶん誕生日を迎えてひとつ歳をとった、っていう話題。
私「まだ10代!!」
友人「もう大人 およめに行ってもいいんだ?」
私「相手がいない」


ふっ・・・・・青いな(笑)

順調に成長していた(と思われる)私も、4年生の記録には
「疲れてるわね」が毎回のように書いてありました。
まだまだキャパの乏しい21歳のこと。(遠い目)
いちばん声が出なくて歌えなかったのはきっとこの頃。

そんな少女の頃の思いのまま、当時と同じメンバーで
同じ先生方のご指導のもと、今もまだ歌えるなんて
こんなに幸せなことはないかもしれませんね。
最近音がわからなくなった・・・・・
ウードの練習をしていて私はそう思うようになりました。

どうやらその通りだったらしく、先生にさりげなく言われました。
「たぶんそのうち、『音がわからない?』と思うようになるんだけど」
ガーーーーーーン

クォーター(1/4音)が身体に入ってくると、そうなりやすいらしいです。
しかも最近ビブラートの練習していると、ビブラートかけた元の音に戻れない。
「この音」→ 「この音らへん」→ 「この音だった?」→ 「ま、いいや」
テキトーな性格ってことなのね。

先生は「そんな時はアンパンマンでも弾いてね(=音程きっちりとる曲弾いてね、の意)」とおっしゃいますが
たぶんそれも、今の状態ではすご?く音程の悪いアンパンマンになりそうです。

そして今日は大学のOG合唱団の練習に参加。
もともと予習不足なのですが、フラット(♭)を見るとドッキリ。
「う・・・これは高め♭なのか、低め♭なのか
おいおい、フラットに高めも低めもないんだよ。
ここはキッチリ美しい、西洋音楽の世界だ。

私の音は正しいのだろうか・・・ドキドキ恐る恐る歌ってみる。
なんか、大先輩たちみんなヘン?私だけじゃない(笑)?

パート内の音程がわるかったらしく、ヴォイストレーナーの先生からご指示が出ます。
「そこはちゃんと、半音ずつ降りるのよ。いい?きっちり1/2ずつよ。」

おお????
きっちり二分の一(感涙)
なんてわかりやすい、なんて美しいんだ西洋音楽

ちょっと正しい音を取り戻せたかもしれません。
でも、ゆるゆる?なアラブ音楽も素敵ですよね。


フラメンコのレッスンで、カンテ(歌)とギター合わせをしました。
まだ振付は途中なのだけれど、音楽の立場から
踊りへのアドバイスをもらうという、先生の考え。
こういう機会は本当にありがたい。
以前の教室では本番前2?3回しか合わせられなかったし
ましてやミュージシャンからご意見をいただこうなんて先生では(以下略

セビジャーナス、グアヒーラ、タンゴとクラスごとに合わせたあと
特に問題ないんだけど、とカンテの方は前置きし
貴重なアドバイスをくださいました。

フラメンコはコンパス(リズム)を刻むので、踊り手はどうしても
弱弱 弱弱 弱 弱 弱」
に合わせてサパテアードを踏むし、踊りもそうなる。
脳内のリズムに合わせて、ただひたすら強いところは強く音を出そうとする。
でも、ギターはそこでどう弾いてる?
カンテはどう歌ってる?
ということを、聞いてほしいというのです。
「音楽とともにある踊りであってほしい」と。

たとえばサパテアードを打つ直前、足を上げるときから
音楽を感じるべきだと。
カンテの呼吸が鋭いものなら、鋭く。
ゆるやかに歌っているなら、足をあげてから床を打つまでの時間も違ってくる。

ファルセータ(ギターのみの部分)でギターの音色が変わったら
そこをどうやって表現するのか。

ああ?、なんとなく頭じゃわかっているけど
いや、わかっていなかったと思うけど
こんなことも出来ていなかった。
脳内リズムだけで踊っているなら、何年踊ってもいい踊りなんて踊れない。

ギタリストの方も、「踊りとギターと歌と、三者でつくるものだしね」
と優しくおっしゃいました。

フラメンコは三位一体。
前の教室にいるとき、それは一生私は味わえないと思っていました。
でもこれからは、三位一体を生み出すための苦しみも喜びも
味わうことができるかもしれない!
間に合えたかな?きっとまだ間に合うはず。

うまく表現できませんが、これからのフラメンコとの向き合い方を
教えてもらったレッスンでした。
喜ばしくも、ちょうど魚座の新月のタイミング。
きっと素晴らしいスタートになると信じて。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

今日3月16日は私の誕生日です。
たくさんの方々に、いろいろな形でお祝いメッセージをいたただきました。
ありがとうございました!
皆さまに支えられて、今自分があることを強く感謝しております。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

来週の引越しに備え、今日は新しく買ったベッドやカーテンなどを受け取りに
新居に行きました。
今度の家は全部フローリングです。畳のない生活は生まれて初めてだ。。。

部屋に入ってまずしたことは、きれいな音楽を流すこと。
リュートの音楽、続いてウードの独奏。さすが親類同士、相性が良い。
それから大好きなSinaryのパルファンで空気の浄化。

部屋からの眺め。
新居

あまりきれいな川ではありませんが、穏やかな流れに心が落ち着きます。
近くに桜並木があって、上から眺められるのが楽しみ。

すぐそばを電車が走っていますが、それさえも音楽と思って耳にすれば
ちっとも気にならない?・・・・とドヴォルザークのような事を言って負け惜しみ。
スペーシアの写真が撮れなかったので、また今度。

今まで住んでいたところと違って田舎なのですが
初めて来たときからとてもあたたかい場所だな、とよい印象を持っていました。
今日ご挨拶したご近所の皆さんもとても優しい方々で
ガス会社の人も人懐こくとても親切だった。

楽しくも、忙しい生活が春から始まりそうです。
お役目再編なんだよ???。
でもみんな、遊びに来てね
今日は「タンゴの革命児」アストル・ピアソラの89回目の誕生日だとか。
彼が生きているうちに、彼の演奏を聞きたかったな・・・・

引越作業でCDはほとんど段ボールに詰めてしまったが
その中から取り出して聞いてみるのはこれ。

Live in Tokyo1982Live in Tokyo1982
(2004/06/23)
アストル・ピアソラ五重奏団藤沢嵐子

商品詳細を見る


大好きな曲がだいたい網羅されているし、ライブ感があって
引越作業も盛り上がる・・・・・かな(笑)?

特に「ブエノスアイレスの四季」が好きです。

「天使のミロンガ」は持ってる彼のアルバムにだいたい入ってますが
年代によって速さもバンドネオンの歌い具合も違ってる。
年齢を重ねるごとに重く、しぶい感じになってます。
この「Live in Tokyo1982」くらいが私にちょうどいい。


ライヴ・イン・東京1988ライヴ・イン・東京1988
(2009/12/16)
ミルバ&アストル・ピアソラ

商品詳細を見る


昨年出た、ミルバとの東京ライブのアルバム。欲しいなあ。。。。
先週からアルゼンチンの作曲家、アリエル・ラミレス追悼特集になっています。
ラミレスの代表作のひとつ、「アルフォンシーナと海」。



カレーラスのリサイタルで初めて聞いたとき、胸を打たれて泣いた。
こんなに美しい歌が、この世に存在して
しかもその時まで知らなかったなんて・・・・・・と。
彼の繊細な表現、声によく合っているのです。
世界を歌う-川の流れのように~愛の讃歌【SHM-CD】世界を歌う-川の流れのように~愛の讃歌【SHM-CD】
(2009/06/10)
カレーラス(ホセ)

商品詳細を見る

↑ これでも聞けます。

フォルクローレ形式の連作歌曲「アルゼンチンの女たち」の中の一曲で
アルゼンチン・サンバの傑作です。
実在した女流詩人アルフォンシーナ・ストルニが入水自殺したときに
残した詩の一節が、歌詞に組みこまれています。

灯りをもう少し落としてください 
眠りたいのです 乳母さん 静かに
もし彼が呼んでも 私がいると言わないで
彼に言って アルフォンシーナは戻らないと
もし彼が呼んでも 決しているとは言わないで
伝えてください 私は行ってしまったと

(波多野睦美 訳詞)

カレーラスはいつもこの部分を、語るように優しく歌います。
カレーラスのこの歌が東の横綱だとしたら
西の横綱はこの人かもしれない。

アルフォンシーナと海アルフォンシーナと海
(2003/01/22)
波多野睦美&つのだたかし波多野睦美

商品詳細を見る


正直いってちょっと、いやかなりジェラシーを感じてしまいました。
この作品をこんなに美しく歌う人がいるなんて。
波多野さんの歌は、作りこまずあくまでもシンプルにやさしく。
それだけに、作品の美しさが一層際立ちます。
つのだたかしさんのギターもぴったり寄り添います。

他の曲もよいのです。
ピアソラの「オブリヴィオン」、ヒナステラの「忘れる木」、
グァスタヴィーノの「ばらと柳」まで!
この選曲は反則だろ??と泣きわめくカレーラスファン=私。。。

「ばらと柳」はこれまた東の横綱に対し、西の横綱級なのですわ。
このCD、しばらく夜眠るときに流していました。心が落ち着く歌声です。
本当に悔しいのですが、おすすめできるCDです。

これにてアリエル・ラミレス追悼特集は終わり。
美しい音楽を私たちに残してくれて、本当にありがとう。
ひっぱりすぎだぞ(汗)
ドミンゴ、クーラと聞いてきたらどうしても
彼の声を聞かないとおさまりが悪い。



「ミサ・クリオージャ」日本公演の終曲「アニュス・デイ」。
彼の作りたい音楽がフォルクローレ楽団や合唱団にまで振動して、
ひとつのすばらしい世界が出来上がっています。

何よりもまっすぐな彼の祈りの歌に癒されるし、心を動かされます。
私も現場で彼の頭上に金粉が舞うのを目撃したひとり(笑)。←妄想
ラストのピアニッシモは鳥肌が立ちます。

カレーラスについてきてよかった。。。



こちらは白血病直後?くらいの歌唱だと思いますが
約20年の年月を経ているのに彼の歌への姿勢は全く変わらない。

カレーラスについてきてよかった。。。。(涙)
しつこいぞ?(笑)
「ミサ・クリオージャ」の中の「グローリア」をホセ・クーラが歌っていました。



ふぅん。。。
クーラはアルゼンチン出身ですね。だからというわけではないようだけど
歌唱スタイルも雰囲気も、フォルクローレっぽい感じ。
彼らしい演出かな?
母国語でミサを歌うって、こういうことなのかなと感じることもできます。

まあ、私がホセ・クーラについて語りたいことは何もありません
ホセ・カレーラスと同じ誕生日なんだって。ふぅん。。

合唱がいまいちだなあ。。。
日本の合唱は、カレーラスも絶賛したそうだけど本当に素晴らしい。
先月亡くなったアリエル・ラミレスの「ミサ・クリオージャ」ですが
あのプラシド・ドミンゴも歌っていた!
知らなかった!
ドミンゴファンの皆様 ごめんなさい。。

こちら→http://www.youtube.com/watch?v=E02d9-NUvjc

カレーラスと違って、ドラマティックな堂々とした歌唱。
まさに神に訴える感じ。

でも・・・・・
あのカレーラスの天上から響くような優しい歌に慣れてしまった私には
少々違和感が。

ドミンゴファンの皆様 ごめんなさい。
ああ?、知らなかった(涙)。。。。
アルゼンチンの作曲家、アリエル・ラミレスが2月18日に亡くなっていたなんて。

ラミレスといえば、何度かブログで書いている「ミサ・クリオージャ」や
「アルフォンシーナと海」を作曲しています。
もちろん、ホセ・カレーラスの愛唱曲としても有名。

ドミンゴがホストで毎年催していた「クリスマス・イン・ウィーン」で
ある年カレーラスとラミレスが共演予定だったと記憶しています。
しかし、同時多発テロ以降の厳戒態勢の中で
確かこのコンサートは中止になったのだと思います。

とても残念だった。。。。。
素晴らしい作品を、存命する作曲家とともに共演するなんて
演奏者にとっても聴衆にとっても
どんなにか興奮するイベントであったことでしょう。
すでにラミレスが高齢だった事を考えると
もうチャンスはあまりないだろうな・・・と感じていました。

フォルクローレ・ミサである「ミサ・クリオージャ」は
アンデスの民族楽器の響きの美しさ、独特のリズムで
私はすっかり虜になってしまいました。
「グローリア」はその典型なのですが
最も衝撃的だったのは、出だしの「キリエ」、そして終曲「アニュス・デイ」の
旋律の美しさでした。
カレーラスのこれまた天上から響くようなファルセットも絶品でした。

旋律の美しさといえば、数年前のカレーラスのコンサートで歌われた
ラミレス作曲の「さすらい(アルゼンチンのクリスマス)」で
思わず号泣したことを思い出します。

で、カレーラスの映像は前にご紹介したので今回はこちらを。
アルゼンチンの国民的歌手、メルセデス・ソーサが歌う「さすらい」。



うわ??、さすがだ。。。






昨日はフィギュアスケートのエキシビションを見ました。

フリーの演技はきっと満足いくものではなかったであろう、
ステファン・ランビエールのプログラムは「Ne me quitte pas(行かないで)」。



彼の身体から音楽が溢れてくるようです。
歌詞はわからなくても、歌が伝えたい感情を彼の踊りが伝えてくれる。

ランビエールの手首は柔らかく、表現が自在。
「手フェチ」の私としてはたまりません?
ダンスもウードも手首が柔らかくないとね(笑)

最後の方のスピンで、彼の両手が胸からだんだん上がってきて
顔を覆いながら回るところはいつ見ても
涙を抑えることはできません。

もしかしたらまた引退してしまうかもしれないランビエールに
「行かないで」と胸を震わせたファンはどれだけいたことでしょう。

「Ne me quitte pas」私がこの言葉を伝えたい人はあまりに多すぎます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。