上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンテ講習会2日め。お題は「ソレア」。
ソレアは上級者向けなんだろうとは思いましたが
この曲のカンテの呼吸、エネルギーの使い方を知りたくて受講しました。

課題曲は「アルカラのソレア」。私のバイレソロで先生が歌ってくれたのも
このアルカラのソレアてした。

まずは先生が歌ってくれます。
サリーダ(出だし)の「アイアイアイ?」で、もうヤバイ。。
歌詞がないのに、さまざまな感情が歌に、声に乗って私たちの心に届きます。

「神に大きな文句があるのは本当だ
 俺に与えられた運命は 俺にはふさわしくない」

最初の歌詞が2回繰り返されますが、歌詞の内容を超えた世界が
先生の声と、ギターの音でつくられていました。

「孤独」を意味するソレアの曲のイメージである、哀しみ・嘆き・苦しみ・失望・・・・の中に
たくさんの愛と優しさと、少しの希望と強さがありました。
人間が持つ、すべての感情を内包するのがソレアでした。

もう私の涙腺はサリーダの時からゆるみっぱなしで
2番の歌で高音で叫ぶように歌うところでは、すっかり号泣モードに入ってしまいました。
言葉で説明できない感情の波に飲み込まれ
カンテの歌とギターの音色に、心をナイフでブツブツと刺される感じ。
まだレッスンは始ったばかりなのに。

前回同様、1回みんなで歌った後すぐに一人ずつレッスンが廻ります。
私は今回はパスさせていただきました。
先生もかわいそうだと思ったかも?
踊りの時はきっちりコンパス(リズム)に音楽を入れていくと思うのですが
カンテソロでは自分の歌い方次第でコンパスからはずしていきます。
ズルズル歌いながらも、コンパスを体できっちり感じなければいけないんですって。
カンテの人も、ギターの人もすごい!

先生は一人ひとりと一緒に歌ってくれます。
それぞれのソレアにはその人の生き方、その人のフラメンコがきちんと存在し
聴いているだけでも幸せでした。
私はそういうフラメンコが踊れているのだろうか。

結局感動しっぱなしの私は、レッスンの間泣き通して終了。
先生が「こういう雰囲気で終わるのは淋しいから、みんなでブレリアを歌いましょう」と言い
ギターの方がブレリアを弾き始めるとみんな一斉にパルマ(手拍子)を叩きます。
そしてブレリアを歌える人が順番に、自分の好きな歌を歌っていきます。
楽しい?!! これぞフラメンコ。
カンテの人のパルマの叩き方も勉強になりました。
踊りと違うところは、たくさんあるものです。

帰り道、ソレアのメロディーが頭の中をグルグルする中で
私は家に帰るまで泣き続けました。
これがソレア。これがフラメンコ。
歌詞の裏側の世界を声で表現する人、歌詞にならない思いをギターで表現する人。
私はやっぱり、踊りで表現したいと改めて思ったのでした。

A la tierra que me dio vida
Ay, le canto yo por solea
Pa que sea tan flamenquita
Como fue en tiempos atras

生を与えられた大地
私はソレアを歌う
それはフラメンコな
昔の時代のように






スポンサーサイト
これは私の愛するウード様の一部分です。
なにかが間違っています。さて、どこでしょう?

100425_125818.jpg
あ?、画像がよくないからわかりにくいですね。ごめんなさいませ。

答え: 弦が切れてしまって1本足りない(笑) 右から3コースめが1本しかありません。

今日、半年ぶりに弦が切れました。久しぶりに聞くあの恐怖の音・・・・
目の前が真っ暗になりました?

100425_125941.jpg
びろ??ん。。。。。

ああ無情。

私のウードはしぷくてとても鳴りがいいといつも師匠のお褒めをいただくのですが
(ほめられるのはいつも楽器ばかりなり)
この状態で弾くと、清楚なお嬢様みたいなクリアな音がします。

ま、たまにはいいかな。

あー、でも今度こそは「自分で弦張り替えの刑」なんだろうな(泣)


今日は午前中ウードのレッスンで、ひたすら速弾きの大特訓を受け(泣)
ヘロヘロになりながらもその後、フラメンコのカンテ(歌)の講習会に参加しました。
歌を歌ってみれば、絶対踊りが変わるはずだと思ったからです。

カンテ初挑戦です。
しかも講師はスペインの現役カンタオーラ(女性の歌い手)。
ギタリストの伴奏つきで、なんてゴージャスな環境。

参加者は8名くらいで、ほぼ全員がカンテ練習生の方。
なんだかバイレ(踊り)オンリーなのは私だけのようです・・・・・
「オールレベルOK」だから来たんだけど、無茶だったかな?

今日のお題は「タンゴ」。手始めに4拍子の歌は入りやすいだろうと思ったのです。
ギタリストの方が
「エストレージャ・モレンテのタンゴとレメディオス・アマジャのタンゴと
タンゴ・デ・トリアーナの中からどれかをそれぞれ選んでください」とおっしゃる。

つまり、ちょっとずつの「公開個人レッスン」ということらしい。
ひえええええええええ?

知っているのはタンゴ・デ・トリアーナだけ。踊りの先生の多くが
タンゴのレッスンではこの曲を歌うので、きっと初心者向きなんだろう。
講師の先生がまずエストレージャのタンゴを歌ってくれた。
泣けた・・・・・
歌の意味がわからなくても、感情がストレートに伝わってくる。
そして先生の豊かで温かい、包みこまれる艶やかな歌声に震えた。
この曲に決めました。

私の番になったので「初心者です。」と伝えました。
「他に歌を歌ったことは?」と言われて、
西洋音楽だけです」と答えると、答え方が意外だったのか
周りから笑い声が聞こえました。

最初はアイ?レレレレ?という出だしから。
手の動きなどで、先生はこんな初心者にも情熱的に教えてくれます。
さて歌詞に入るときに気が付いてしまいました。私はスペイン語が読めません

歌詞カードを見ながらなんとなく発音し、違うところは先生が直してくれました。
10分弱の間、ひたすら先生の目を見て呼吸を合わせ
「ひとりで歌ってみて」といわれればギタリストの方と呼吸を合わせようとしました。
踊りの時に、どうしてこれが出来なかったのだろう。
自然なことのはずなのに。

汗だくになりながら私の番は終了。
以前だったら恥をかくのがいやだ、と絶対尻込みをするシチュエーションなのに
そんなことを全然感じなかったのに驚いた。
どこでこんな度胸がついたのだろう(笑)。

そして私のカンテは・・・・・・
悪くなかったと思います(笑) 特に声は悪くないような(←自画自賛倶楽部)
意外といいじゃん、私のアルトの胸声(←自画自賛アゲイン)
でもカンテは専門にはできないな。時間もお金もない(笑)
踊りの勉強の一環で、時々勉強したいです。

レッスンが終わって、身体に熱い熱いものが残りました。
こういう熱さは踊っている時に感じたことがありませんでした。
フラメンコでも、オリエンタルでも
演奏家とダンサーでは熱くなる場所が違うのかな・・・・・と。
ウードを習い始めた時にも、ちょっと感じたことです。
踊り手が熱くない、というのではなくて、それぞれの熱さを理解し
共有しようとできたときに、化学反応のようなものが起きて
音楽にピタッと寄り添った踊りが踊れるのかもしれません。
それを感じられただけでも、価値のあったレッスンでした。

さて、来週もう一度カンテの講習会に行きます。
今度はソレアだけど大丈夫かな?


私の大好きなスペインのオリエンタルダンサー、ネスマ様から同じ内容のメールが4通も届いていました。
内容はこちら→http://www.alandalusdanza.com/
ネスマさんのマドリードでのオリエンタルクラスのご案内でした。
私は一度しかお会いしていないのに、どうして4通もくるのかな?
きっと私はネスマさんのもとへ行くべし・・・・ということなのかな?(大妄想)

nesmaさま

んもう、どうしてこういつもお美しいのかしら。。。。

夏にはネスマさんがオーガナイザーを務めるイベント「Raks Madrid2010」があります。
ネスマさんや他のダンサーのレッスン、また中東の音楽のレクチャーもあるし
スペインらしくフラメンコフュージョンのクラスも昨年はあったらしいです。
そしてマフムード・レダ先生のクラスも!

行きたいなあ?。再びネスマさんのもとへ。
もはやあれこれとオリエンタルを踊ろうとは思わないけど
ネスマさんからはすべてを学びたい。


あ、タイトルからもっと色っぽい内容期待してた方いらっしゃったらごめんなさいませ。

先月ガンの手術をしたプラシド・ドミンゴが
スカラ座で「シモン・ボッカネグラ」を歌い華麗に復活を遂げたようです。
話題になっていた、バリトンを歌ったそうな。

http://latimesblogs.latimes.com/culturemonster/2010/04/placido-domingo-returns-to-the-stage-singing-verdi-at-la-scala-it-was-a-great-evening-he-says.html

特筆すべきはこの復活の舞台を
我らがホセ・カレーラスが客席で見守っていた、ということです。
感動して泣いてしまいそうなのは私だけでしょうか(笑)。

ドミンゴは幕が開く前に「再び歌えてとてもうれしい」と言いながらも
もう歌うことができなくなるかもしれないという恐れも感じたそうです。
80歳、90歳になってもあの声で歌うんじゃないかと思っていたパヴァロッティが逝き
超人ドミンゴも病に倒れ・・・・・と
かつての3大テノールが皆歌わなくなってしまう日が
やがてやってくるのだろう、と思うと悲しくなってしまうのですが
まだまだ彼らの歌が聴ける幸せを
かみ締めていたいのです。

その意味でもドミンゴの復活は私にとって大きな喜び。
カレーラスのコメントはまだみつかりませんが
きっと楽屋か舞台裏で抱き合ったことでしょう。
歌えなくなるかもしれない恐怖と闘い、そして打ち勝った二人。
言葉はなくてもわかりあえることはたくさんあるんだろうな?・・・・・と妄想。

1月に一緒に大爆笑富士山ツアーに行ったYちゃんは
クリスタルボウルを練習中。今日は彼女プロデュースの初イベントがありました。
奏者としていよいよデビューです。
今回は特に親しい友人のみご招待、とのこと。光栄です。
美しい彼女らしく、お客様の半数以上は男性。

クリスタルボウルって初めて見たし、初めて聴きました。
素材は水晶ですが、彼女のクリスタルボウルは他に浄化力の強いカイヤナイトや
優しさ、愛情をあらわすローズクォーツなども使われているそう。
偶然にも私はカイヤナイトとローズクォーツのブレスをしていました。気が合うなあ。

100418_135326.jpg

Yちゃんは「いつも人に優しくいたいので、そういう音を奏でたい」と
アメリカにある制作会社に伝えたところ
このような組み合わせで届いたのだとか。
手前からド、ミ、ソ、シの音か出ます。

おもしろかったのは、聴き手は横になってリラックスして聴くこと。
7人で和室に横になるなんて、まるで合宿のようです(笑)
曲を奏でるのではなく、奏者がその場の空気やエネルギーを感じて
音を選んでいく、という感じみたいです。

音そのものは、「遠くに響くお寺の鐘の音」みたい。
今までに聴いたことのない音色です。
しばらくは音や奏法に集中していたのですが、だんだん体が音の方に引っ張られていく感覚が。

そして音は聞こえていながらも、一瞬夢のようなものを見ました。
ガラスのコップに入っている、丸いチョコレートのようなものを
ひとつずつつまみだして、全部取り出しコップが空になったところで
「ああ、はずれた」と思ったのです。
きっと心の中の何かのブロックが外れたのかもしれない、と後でYちゃんに話しました。

極上のヒーリング音楽なので、当然皆さん睡魔が襲ってくるらしく
寝息やイビキがよく聞こえました(笑)
Yちゃんとしては、みんながリラックスしてくれてホッとしたようですが。

でも、終わった後は頭がスッキリしていました。癒されて、明日からまたフラメンコ漬けです。
うちにあったLDプレーヤーがいよいよ動かなくなった・・・・・

カレーラスお宝ソフトの多くはLDで持っていました。
こんなに早くDVDが普及するとは当時は予想だにせず

そのすべてがDVD化されていないのですが
プッチーニ / 歌劇「ボエーム」全曲 [DVD]プッチーニ / 歌劇「ボエーム」全曲 [DVD]
(2001/04/25)
ストラータス(テレサ)カレーラス(ホセ)

商品詳細を見る

これだけは、確保しておいた方がいいかも。。。

La Boheme (Ws Sub Ac3 Dol Dts) [DVD] [Import]La Boheme (Ws Sub Ac3 Dol Dts) [DVD] [Import]
(2009/10/26)
PucciniStratas

商品詳細を見る

ジャケ買いするならこっち(笑)。
前の家から全員つれてきた、ベランダジャングル。
季節的なこともありますが、だんだん緑が濃くなって
活動はじめるぞー、なエネルギーを出し始めています。

100414_073614.jpg

部屋から彼らの様子を眺める楽しみ。
彼らも新しいベランダはなかなか居心地よさそう。

100412_133137.jpg
冬の間放置プレイだったレモンバーベナも新しい芽をつけ始めました。
大した世話もしていないのに、ありがたいありがたい。

私のベランダに欠かせない、ゼラニウムに花が!!
100414_061820.jpg

つぼみをたくさんつけていたので期待していたら
とうとう本日開花宣言
きれいに咲いてくれてありがとう。
昨年は花が咲かなかったので、感激もひとしおです。
そしてあのバラに似た香りは、いつでも私の味方。

一緒に私も開花宣言?!と行きたいところですが(笑)
今はどちらかというと、せっせと畑を耕して種をまいている感じ。


さて、ゴールデンウィークあたりから野菜づくり開始です!

昨日、嫉妬の嵐にもだえたサラ・バラス&ホセ・カレーラス共演の映像を見た後
プラシド・ドミンゴの同じような映像をみつけました。

ドミンゴとフラメンコといえば、バルセロナ・オリンピック開会式で
クリスティーナ・オヨスと共演したのを鮮明に覚えていますが
これもなかなかいい。

しかもバイラオーラ(踊り手)はマリア・パヘス
アントニオ・ガデス舞踊団にも在籍し、ガデスの映画にも出ていたようです。




マリアのブラソ(腕)がとても美しくて魅了された。
気になるバイラオーラだったけど、ちょっとツボにはまった感じです。
来日したら、必ず見に行こう。
マリアについては語りたいことたくさんあるけど、今日は置いといて。

ドミンゴは、さすがにこういった作品ではみせ方も歌も上手い。
でも一途で不器用な面もあるカレーラスがやっぱり好きなのです。

ドミンゴファンの皆様、毎度ごめんなさい・・・・・
こちらも今日のいただきもの。おすそわけ。
今年3月に、ショパール設立150周年記念でホセ・カレーラスと
フラメンコダンサーのサラ・バラスがまたまた共演。
「アランフェスより愛をこめて」の最後の部分です。

http://flamenko.canalsur.es/es/component/hwdvideoshare/?task=viewvideo&video_id=91

↑短い映像ではありますが、妬けるのであります
特にサラがブエルタ(回転)の連続の後
ホセ様の手を狂おしそうに取り、自分の額に押し付けるなんてされた時にゃ

もう嫉妬の嵐であります
てもとっても胸を締め付けられるのであります。

ラストはもう少し彼の歌に合わせて、繊細な表現がほしかったな。

日本のエラい方、お願いだから早くこの二人を日本に呼んでくださいな。
この際果樹園ホールでもいいですから。
先日、合唱団の練習に参加したあと
大先輩たちに拉致されて誘われてランチをご一緒させていただきました。
皆さん私より20歳以上も年上の方ばかりです。

席について気がついたこと。
皆さん服装のどこかに「ピンク色」を使っている!
中にはピンク色のジャケットを着ていらっしゃる方も。
とてもよく似合っているのです。

時は桜が満開の頃。
女性だったらこの時期、どこかにピンク色を使ってみたくなる。

皆さんそれぞれのピンクが映えて、より一層美しく若々しく見えました。
勉強になるなあ。
年齢を重ねても、上手にピンク色を着られるようになりたい。

聞くところによるとその合唱団では毎年皆さんでお花見に行き
時には貸切バスで遠出することもあるらしい。

「桜を見て美しさをいただくのよ
ある先輩はおっしゃった。さすがだ・・・・・・・・
きっとピンクの呼吸を実践されているのでしょう。

見習わなければ。




上司と30分ばかり口論してみた。
この人は部内でも「日本語の通じない人」「3歩歩くと自分の言ったこと忘れる人」で有名。
彼の言う事に聴く耳を持つ部下は残念ながらいない。
もっと残念なのは、彼自身そのことに気がついていないことだ。

残念ながら私が言ったきついイヤミの意味も理解されなかった

mixiのボイスで騒いでしまったら、共感してくれた皆さんにちょっと癒される。
ありがとうございます。

夜はフラメンコのレッスンで、思い切りサパテアードでウサ晴らししようとしたが
今習っているグアヒーラはエレガントな踊りでして、不完全燃焼。

夜はたいてい静かな音楽を聴くのですが
今日はアンダルシアから放送している「24時間フラメンコラジオ」を流しました。
これはなかなかいいフラメンコを聴かせてくれるので勉強になります。
残念なのは、曲名が出ないこと。曲種はだいたいわかるのだけど・・・・・

この怒りを静めてくれるフラメンコは何だろう。
タラントみたいな炭鉱の歌?
逆にタンゴとかで腰振って、上司を小馬鹿にしてみるか?

するとソレアが流れてきた。「孤独」が語源の魂の歌。
これがすーーーっと心に入ってきて、とても癒されてしまったのです。
もともとソレア好きなんだけど、(日本人は大好きなんだけど)
これで気持ちがおさまってくるとは思わなかったので、びっくり。



カマロンとトマティートの「カディスのソレア」。

今年はスペインの人にソレア習いたいな。
幸手市の権現堂桜堤が満開だ!
という東武鉄道のお知らせを見て、仕事が休みなので行ってきました。

おお?、満開になりたてって桜に勢いがある!
100408_123251.jpg

なぜかインコがおとなしく桜の木にとまっている。かわいい?
100408_121650.jpg

ああ、やっぱり生まれ故郷の桜は最高だ。
100408_125721.jpg

はーい、権現堂といえば、やっぱりこんな光景ですよね。
100408_125945.jpg
100408_130455.jpg

菜の花もちょうど満開、いい時期にあたってこちらもエネルギー一杯に咲いています。
とてもよい香りがするのです。
小学校の頃の記憶の中にこの香りがあったのですが
それが菜の花の香りだとわかったのは、ごく最近のことでした。

あまりに美しすぎて、言葉を失いました。
100407_211945.jpg

今年の来日は、たった一日だけ。
きっとできるだけ多くの国をまわりたいカレーラスが
たった一日だけでもスケジュールを調整して
日本に来てくれるのは、本当にありがたいこと。

カレーラスには「Passion」という言葉がお似合いだけれど
「Romance」という言葉も彼の世界をよく表していますよね。
どんな甘く切なく胸を締め付けられるような世界になるのでしょう。
しかもバヴァーイさんのピアノとともに。
今から激しく妄想してしまいます。


ものすごく濃厚な一夜になりそう。
トロけさせていただきます。
その日は六本木で野宿かな(笑)
引越ししてから何故か早寝早起きの健康生活が続いている。
テレビを見なくなったせいもあると思うのだけど。
今日は友人のベリーダンス見たりして夜遊びしていたので
こんな時間に日記を書いてみる。

明日は大学のOG合唱団練習があるので、帰宅してから深夜に譜読み(笑)。
昔懐かしいポップスコレクション。「Dancing Queen」とか歌います。
出ないつもりだったけど、何故か巻き込まれた(泣)。
もっと早くから音取りしろよ?って話なんだけど
追い込まれないと出来ない性格。。。。。
英語とリズムに苦労しながら、やっと譜読み完了。

通勤時間が長くなって、電車で譜読みも暗譜もできるようになったけど
記憶力は学生時代と同じ・・・・というわけにいかず。

ひとつ覚えるために、何かを記憶から消さなければならない。
音取りして覚える→忘れる→ダンスの振り付け覚える→忘れる→
次の曲音とりして覚える→忘れる→ダンスの振り付け(以下略

こんな自転車操業みたいな生活、いつまで続くのだろう(笑)
エジプシャンダンス研究会メンバーで今年も行ってきました!アラブバザール。
昨年同様サントリーホール前のカラヤン広場にて。
昨年の様子はこちら→http://anubisnefertari.blog63.fc2.com/blog-entry-569.html

昨日はとても寒かった・・・・・・
屋外イベントなので、身体が冷え切ってしまいます。
いつもガラベーヤなど衣装を買うのですが、今年は物色するのみ。
それでも相当楽しかった。

昼食はエジプトのブースで買ったビーフパイとターメイヤを一緒に行ったノリコさんと半分ずつ。
おお?おいしい?。
他にもいろいろ食べたかったけど、結構お腹が一杯になってしまいました。

温かい飲み物飲んであたたまろうと、アラビアコーヒーに挑戦。
100404_122044.jpg
こんなオレンジ色している!
しかもいつも飲むコーヒーと全然違う!
スパイスだけで出来ているかのような味。おいしいし、体が温まる。
これはクセになるけど、作り方わからない(泣)。

お昼過ぎからとても混んできました。
モロッコのブースはやはり大人気。バラやアルガンオイルを使った化粧品がよく売れてます。

私はモロッコのガッスールを試しに購入。
家に帰って泥パックしてみました。ゆるく溶きすぎたのですが、なかなか気持ちがよかったです。

寒くて仕方がないのでみんなでストーブにあたたまりながらお茶しました。
4月の光景とは思えない。
友人たちのモロッコのハマムの話に大いに盛り上がりました。

桜は満開だったのですが、寒いのでお花見は断念。
それでもサントリーホールあたりの桜を楽しみ
ここが紅葉に彩られる頃、またホセ様に会える・・・・と
昨年と全く同じようなことを想うのでした。

高価なお買いもの。
100404_172434.jpg
Al nassmaのチョコレート。
ラクダのミルクたっぷり
濃厚なお味でございました。
うちのすぐ近くの桜。
100403_150045.jpg
いい感じじゃん!!ということで、いざ花見へ。

100403_152637.jpg

たくさんの人が七厘やバーベキューセット持ってきて、宴たけなわ。
若者だけでなく、中高年の(特に男性の)グループが多いのが不思議。
きっと昔からの友達グループなんだろうな、とほほえましい。
ギター弾いて歌なんか歌っちゃったりして、青春だなあ。
上野や浅草と違った、のどかなお花見の風景です。

100403_154743.jpg

ゆったりとした川面に太陽の光がキラキラ反射し、
ほぼ満開の桜をうつしてきれいでした?。
ここは水郷のまち越谷。

100403_160033.jpg
引越しして初めて猫に遭遇。犬はたくさんいるんだけどな。

さて、来年はうちに花見に来ませんか(笑)?
ホセ・カレーラスがイタリアのテレビ番組「Che tempo che fa」に出演した映像が
届きましたのでおすそわけ。

こちら→http://www.rai.tv/dl/RaiTV/programmi/media/ContentItem-99d7a5ce-39bb-4ae9-8620-d47b76076e6a.html

2010年3月27日の分をクリックしてください。
カレーラスの登場は、18分30秒くらいからです。
ガルデルの「遥かなる我が故郷」を歌って登場!
思わず
「う・・・・・・男前だ」
と唸ってしまいました。

全編イタリア語、字幕が出ますがイタリア語(泣)。
内容はこちらで英語訳他が読めます。→http://josepcarreras-tenor.blogspot.com/

でもファンの人だったら、内容は聞いていてわかるかも。
リセウ劇場でのデビュー、マリオ・ランツァの「歌劇王カルーソー」の話、
大好きなジュゼッペ・ディ・ステーファノ。
そのあとカラヤンや三大テナーの話に進みます。

中間で「Me so 'mbriacato 'e sole」と「Passione」の2曲を歌います。
カレーラスの歌はもちろん、バヴァーイさんのピアノに聞き惚れる・・・・・
イタリアの聴衆は熱く、いつまでも拍手が鳴りやまないのです。
まさにパッショーネ!!

カレーラスのトークも慣れたイタリア語ということで饒舌な感じ。
きっと知的でユーモアたっぷりな内容なんだろうな。
まだ途中までしか見ていないので、週末ゆっくり見ようっと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。