上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今なおFC2サーバーはメンテナンス中です。
記事は更新してもよさそうなので、ゆっくり再開します。

今日は某所でフラメンコチャリティーライブがあり行ってきました。
小さなカフェですが、中はフラメンコファンでいっぱい。
いろんな曲種を楽しめてよかったですが
特にメインダンサーさんのソレアに
カンテさんが涙を浮かべながら歌っていたのが印象的でした。
あまり感情移入して見たり聞いたりしてしまうと
悲しくてたまらなくなりそうなので
ちょっと遠目から見ていようとしました。

カンテっていいなあ。
フラメンコが自分の手の中にある気がする。

弾き手と歌い手と踊り手とお客様がひとつになった
あたたかい催しでした。

ライブの後はペーニャになりました。
ペーニャとはフラメンコ好きが集い、ギターやカンテや踊りを
自由に楽しむ会です。

私は同行の友達に「フラメンコ靴持ってきて」と言われて用意していましたが
ウードのレッスン帰りだったため、ウードも手元に置いていました。
すると当然、フラメンコギター愛好家のおじさまたちが
「それは何ですか、マンドリンですか?」と聞いてきます。

とりあえず私が知っていることを、たどたどしく伝えていると
「音を聴いてみたいから、1、2曲弾いてみて」と言われました・・・
そんな~(T_T)

今レッスンしているロンガ(2拍子の早い曲)は失敗すると格好悪いし
弾きなれた「アジーザ」を弾かせていただきました。
カホンを叩ける方が、途中からリズムを入れて下さって
とても楽しかったです。

で、引っ込むはずが何故かアンコールまでいただき(*_*)
先日ケアホームで弾いた「ウスクダラ」にしようと思ったのに
手が勝手に動いてヒジャーズというマカームのセマーイ(10拍子の曲)を
弾き始めてしまいました(@_@)
昨年の夏にスパルタ先生に「1日250回弾くように」と言われ
「正」の字を書いて練習した曲です。
大変難しかったけれど、美しい大好きな曲なのです。

アラブの音楽とフラメンコは歴史的にも関係が深く
皆さんとても興味を持って熱心に、温かく聴いて下さいました。
フラメンコを弾く人も歌う人も踊る人も
ペーニャでは恥ずかしがらず、失敗を気にせず
フラメンコを楽しむことが一番。
そんな中で弾かせていただいて、本当にありがたい経験でした。

でも、待てよ。
私のペーニャデビューがフラメンコでなくて
ウード演奏だったなんて・・・・・(@_@)

若干ヘコんじゃってます。。。



スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
数日前からFC2サーバー緊急メンテナンス中です。

復旧に時間がかかっているようです(-_-)

コメントいただいたものが表示されてなかったりしています。
申し訳ございませんm(__)m

現場はきっと一生懸命作業しているのでしょう。
気長に待ちたいと思います。

更新は復旧後にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。