上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「まだお腹に響くからサパテアードは無理さ」を理由に
お休みモードのフラメンコ。
10年以上も一緒に踊ってきた友人が今日
「フラメンコ辞めるんだ。」とメールを送ってきました。

私も一時期フラメンコから離れていて
彼女も休んだり再開したりしていましたが
2年前から再び一緒に踊れることを喜びあってきました。
「次の発表会はお互いにソロを踊ろう」と
夢を語り合ってきましたが
彼女はフラメンコを離れる決心をしました。

「好き」だけで続けていくのは難しい、習い事の世界。
今回師匠の公演準備を中心になって活動していた彼女は
心身ともに、疲れ果ててしまったのかもしれません。
私にも経験があるだけに、止める言葉もありません。

いろんな事情で、好きなダンスと離れる人たちがいます。
でも決してフラメンコは逃げないから
心がまた求めた時に
彼女のもとへ再び、踊りの翼が舞い降りてきますように。
スポンサーサイト
コメント
踊りという名のピンポン玉
アロマとカラーの先生から「手離し」についての
お話を聞きました。

ぎゅっと手ににぎったピンポン玉があるとしたら
それを遠くにブン投げてしまうのではなく、
にぎっていた指を離す。
手は離すけれどピンポン玉はまだ手のひらに
残っている。ぬくもりがある。

それが必要になったらまたぎゅっとつかめばいい。
手のひらに残しておけばまたいつかつかめる
日がやってくる。

踊りの翼の舞い降りる時期を受け止める時。
そして手離す時・・・・どちらにも自分自身の
「選択」が大切なのかもしれませんね。



2006/12/05(Tue) 15:35 | URL | クッキー | 【編集
クッキーさんへ
いいお話ね。
遠くに投げるのではなくて、指を離す。
昔の私は・・・土の中にコソコソ埋めて
たま~に掘り返しては埋める犬のようでした(笑)。

何をいつ選択するかは、自分だけが知っているのね。
その瞬間を掴むか掴まないかの決断は一瞬でしなくてはいけなくて。
でも、えいっと飛んでしまえば、意外と簡単に、しかも快適に
魔法の絨毯に乗れたりするから不思議。
2006/12/05(Tue) 19:23 | URL | アヌビス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。