上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新曲を自分でもう一曲、振付してみようと思いました。
CDを聞きあさり、曲選びから始めるけれど
なかなか「コレ」というものに出会えません。

そんな時は、自分が好きな曲が味方になってくれるものです。
前作もそうでした。
私には、いつの日かどうしても踊りたい曲があり
それを繰り返し聞くうちに、だんだん構想とも妄想ともいえる
ダンスのイメージがいろいろ浮かんできました。
そして、おもむろに体を動かしてみたり
小道具をあれこれ引っ張り出して、振り回して(!?)みたりします。

しばらくすると、踊りのストーリーや、場面や、どんなスタイルにしたいのかが
漠然と固まってきました。
小道具はアレと、アレを使って・・・・・(妄想中)

しかし!!!
その踊りを踊るに必要な技量を、私が持っているのかどうかは
とてもアヤシイところです。
できたら今月末のライブに間に合わせたかったけど
急ぐあまりにいい加減な出来にしたくなかったので
泣く泣く、今回は諦めることにしました。。

でも、来年早々には完成させたいなあ・・・・
だって、あの曲は「私が踊らなかったら誰がやる!?」というくらい
衝撃的な音楽だったから。

スポンサーサイト
コメント
世界で一つだけの踊り
私も「これを私がやらなかったら誰がやる!?」て、ぐらいの曲と踊りに
めぐりあいたいです。はあ~。めぐり合えるかしら?とりあえず1曲は見つかった??

しかし、「妄想」は必ずしも本人の技量とは一致しませんね。ものすごく納得(^^ゞ「妄想」が形となって現れるのは「その時」持ち合わせている自分の技量全てなのですが、それが「本人にしかできないもの」に通じていくのかな。アヌビス様にしか出来ないもの!あの曲はまさにそうですね!!

「これこそが私のダンス!」という自信と共に、「ああ~私だったらこんな風にしてみたいなあ」と更なる妄想が一つの踊りから周りの一人一人に舞い降りたら素敵。
同じ曲でも、「その時」の踊り。「その人の踊り」は世界で一つのもの。それを大事にしていきたいです。

構想と妄想が舞い降りたら素直に
手足を動かしていきたいな。
たとえ道路の真ん中でも(爆)
2006/12/19(Tue) 14:20 | URL | Samia(娘3号) | 【編集
またまた道路の真中で
Samiaさんへ
本当に、想像するのは簡単。
顔は自分なんだけど、首から下は明らかに他のダンサー(笑)。
そういう目標があって、自分のレベルアップに繋がるんでしょうね。
昨年の今ごろは振付のフの字もなかったのだから
少しは成長しているのでしょうかv-236
2006/12/19(Tue) 20:03 | URL | アヌビス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。