上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ド・ロ神父に別れを告げて、近くにあるはずの
「『沈黙』の碑」を探しに行きます。
海の近くにあるのでは、と思い歩いていくと・・・・

ありました。
しかも、とても分かりやすいところだったのです。。。
やはり足元が見えていませんね。

P2120116.jpg



「沈黙」に登場する司祭ガルペの殉教の地をイメージさせることから
碑がこの地に建てられたそうです。
候補地は他にも何箇所かあったようですが
遠藤周作さんは「ここは神様が僕のためにとっておいてくれた場所」
と言うほどお気に入りだったようです。

外海(そとめ)は空と海が繋がってしまいそうな所。
太陽の光が海に反射してあたり一帯が、そして
自分の周りがキラキラした光に包まれているように見えます。
思わず「天国(ハライソ)・・・・」と言ってしまいそうな・・・
空も太陽も、手に届きそうに近い。


人間が こんなに哀しいのに 主よ
海があまりに碧いのです


沈黙する海。
沈黙する神。

遠藤周作さんが、どんな気持ちでこの碑を書いたのか
本当に理解するには
私はまだまだ修行が足りないようです。

P2120119.jpg

スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/05/30(Mon) 11:44 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。