上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事前にヤンヤヤンヤ言っていたわりには
当日はプログラム含めて、公演グッズをあれこれ入手。
チケット安く買ったからね・・・・って、完全に足が出ている。

P3070001.jpg


左上に見えるのは「レッスンバッグ」というのですが
何のレッスンを想定して作られたのかしら?
フラメンコのレッスンでは、到底荷物は入りきらないし。
ピアノのおけいこには十分そうですけど。
でもベリーダンスのレッスンには丁度よさそうなので購入。

これらのプログラムや、グッズを買った方はサイン会に参加できますって。
サイン会アントニオ・ガデス本人なら絶対ありえない・・・
と思いつつも、サイン会の列に並ぶのでした。

サイン会が始まると・・・あれれ?ステラ・アラウソとアドリアン・ガリアだけでなく、
もう一人一緒に並んでいる。
アイツは誰だ?(笑)
事前にサインしてもらう場所を用意しておくように指示されているのですが
どうも、並んでいる方々みんなが「アイツは誰だ?」状態で
プログラムのあちら、こちらをペラペラしている様子が
後ろから見ていると楽しい。
私も同じようなことをやっているんですけどね。

ナゾのアイツ」は、どうやら「血の婚礼」で花婿役を踊った人らしい。
勇気ある人が、「あなたが出ているページを教えてください」みたいなことを
聞いたのです。
彼が示したのは、レオナルドと花婿の決闘シーン。
ははあナルホド、とその後ろに並ぶ人の多くが
そのページを用意するのでした。もちろん私も。

P3070004.jpg


私の番がきました。
花婿役さんから始まり、次はステラ・アラウソ。間近に見るのは初めて。
あんなにガッチリと堂々とした体型に舞台でみえるのに
「どこにでもいるスペインのお姉さん」という感じでした。
サラサラとサインすると、後ろのスタッフとペチャクチャとお喋り。
最後はアドリアン・ガリアです。
「ここ」とサインして欲しい場所を示すと、彼は私の目を見て顔をくしゃっとさせて
ニッコリ笑い、サインしてくれました。
そして私がたどたどしい英語で
「あなたの踊りは素晴らしかった。今日はありがとう」と言うと
彼はキチンと最後まで私の話を聞いてくれて、
「Thank You」と、また顔中をくしゃっとさせてニッコリ笑ってくれました。
「ああ、これは完璧にガデスと違う・・・」と思いながらも
決して「作り笑顔」ではない、彼の「心からの笑顔」に
私は完全にノックアウト!だったのでした・・・・

20070311213303.jpg



こういう真摯な姿勢が、演技にも現れるのでしょうね。
何だかカレーラスと通じるものも感じました。
でも、あれだけ激しく踊った後で、こんなサイン会までやって
ひとりひとり丁寧に応対して・・・・・
お疲れにならないかしら?とちょっと心配。

これもチケット売上のためには、仕方がないことなのかしら。

P3070003.jpg



当日のミラクルなサイン会の様子は、ガデス舞踊団公演ブログにて。→こちら

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。