上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
敦煌に移動し、陽関を訪れました。
昔の関所で、以前の記事に書いた王維の漢詩でも有名な場所。

なんと「陽関博物館」なるものがあり・・・・
20071006125002.jpg


古そうに見えますが、数年前にできた新しいモノ。
ここで当時の関所で使われたモノとか敦煌の歴史などを聞きますが
あまり興味をひくものはありません。

そしてさらに歩いていくと
20071006125610.jpg


これも昔の駐屯地を再現したもの。
ここからけたたましい耳障りな音楽が大音量で流され
見事に砂漠の風景とミスマッチ。
浪漫もへったくれもありゃしません。

すると敦煌のガイドさんが
「この先の烽火台(のろし台)まで馬に乗っていくと素晴らしいです。
 80元(約1300円)」

ナニィ、80元も取るのか!?
1300円で乗馬ができるというのを高いととるか安いととるか
とにかく中国の物価からいえばメチャメチャ高い。
外国人価格。ちょっとムカつく。
手元の元が少ないことを理由に私たち夫婦はお断り。
他の皆さんは馬に乗って砂漠の旅。行ってらっしゃい?

20071006130514.jpg


私たちは車で先に烽火台に到着。
私の両親が十数年前に陽関に来た時は、こののろし台しかなかった。

20071006130711.jpg


この関所を出て今のウイグルに行くには砂漠を行くしかなく
過酷な旅だったことでしょう。
いまはラクラク車を走らせることができますが。

さて、私たちは車で再び駐屯地まで戻り
馬できた人たちは再び馬に乗って戻ります。
先に到着した私たちは、馬やら駱駝を物色。
ラクダが伸びていますよ。

20071006131215.jpg


かわいい。。。。。。

20071006131227.jpg


スポンサーサイト
コメント
相方さんの
ブログと同じかそれ以上に
詳しい旅行記じゃん(笑)

お二人の旅行記を見比べると
「関心の方向」が想像できて
結構面白いです。
2007/10/08(Mon) 13:52 | URL | やちゃ | 【編集
やちゃさんへ
いらっしゃいませ。
やちゃさんのように話題豊富でないので
旅行話でつないでるってところかしら。

まあ、相方さんとは棲み分けができているので(笑)
だいたいアホな記事担当は私ですな。


2007/10/09(Tue) 19:55 | URL | アヌビス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。