上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前日は台風の襲来にみまわれたものの
10月28日はピーカンのまさに「カレーラス日和」
家を出る前に「セイント&エンジェルカード」を引いてみました。
カードを切り始めるとパラパラと落ちてきた二枚のカード。
・Don't compromise(妥協してはいけません)・・・聖アグネスだ。。
・Sweetness(優しさ)

ほら?、やっぱりSweetnessじゃん!「自分にご褒美=カレーラス」♪
・・・と、一枚カードをひいたら最近よく見るあの方が出てきました。
・Steady Progress(着実な進歩)
また聖テレーズ。多いんです、最近。
もう一度引いてみたら・・・・・やっぱり「Steady Progress
あきらめて(?)サントリーホールに向かいました。

20071029064134.jpg


開場を知らせるパイプオルゴール。これが鳴るといつもジ?ンとします。
またここに帰ってくることが出来てありがとう、
カレーラスが日本に帰ってきてくれてありがとう・・・でちょっと涙腺が緩みます

日曜日なので男性のお客様も多いです。多くはファンの奥様or彼女のエスコートかな?
プログラムは配布されていました。プログラム争奪戦の必要はなく、ホッとして席につきます。
プログラムを開いたら、そこにはオフホワイトのバラが描かれていました。
ああ、きっと「ホセ・カレーラス」と名前のバラでしょうか。
清潔感があって知的でそして少しだけ控えめなカレーラスにぴったりです。
ん・・・・?白いバラって、聖テレーズきてる?(テレーズとバラの関係はこちら


いよいよ開演。私はいつも開演前は緊張で泣きたくなります。
この瞬間がいつも人生で一番幸せな時間。彼が歌い始めたら、もう終わりに向かって進むしかないのですから。
カレーラスの登場を待ち切れない人々から、拍手が自然と起こります。
そしてほどなくカレーラスが舞台に姿をみせました。
ああ、またお会いできた・・・・お元気そうなお姿が涙でにじんで見えません。
そしてこの会場の拍手のあたたかいこと!「おかえりなさい」と言っているようで、鳴り止むことを知りません。
カレーラスにもそれが伝わっているようで、微笑んでうなずきながら
会場中を見回して拍手に応えます。
この独特の雰囲気は絶対に他のコンサートでは味わえない、カレーラスならではのものです。

第一部
ガンジス川に陽はのぼり(スカルラッティ)
私を傷つけるのはやめておくれ(スカルラッティ)
五月のことだった(コスタ)
「ガンジス川?」と「私を?」は古典イタリア歌曲集によるもので、声楽を志す人が必ず学ぶといいます。
きっとこれらをプログラムの最初に配することで
「ステージで喉をあたためる」のかな、と思って私はいつも聞いています。
今日の第一声は、いつもの声の広がりがないように思いました。
そして、少し声に潤いがなくカサついているようにも。
それでも言葉のひとつひとつ、音譜のひとつひとつに至るまで丁寧に歌う姿を見て、
この方は年に同じようなコンサートを何十回とこなすのに
一度としておざなりに歌うことがないであろう、この集中力って何だろう・・と思っていました。

別れの歌

最後の歌
(以上トスティ)
少々の不安を感じながらも、お得意のトスティではさすがに聴かせてくれます。
「別れの歌」は彼の若い頃からよく歌っていますが
年齢を重ねるごとに、だんだん哲学的?になってきたように思います。
思い入れたっぷりというより少し冷静に淡々と「去ることとは・・・」と悟っている印象。
「最後の歌」はカレーラスのよいところすべてが聴ける歌。
特に今回は歌いだしの「ニーナ、君は明日花嫁になるんだね」のところがいつもより激しい感じ。
そしてセレナータの部分は思いっきり甘くて切なくて繊細です。
そしてラストは全身全霊で歌い上げる・・・という「カレーラス用語」出し尽くした歌唱。
二番の最後♪ニーナ ラメ?ンタ♪(←綴りがわからない^^;)は高い音にしなかったけれど
「これぞカレーラス!」と会場からは割れんばかりの拍手とブラボー。

レリクイア
ああ春よ
(以上ディリンデッリ)
この日の声は、特に高音部がキンキンと頭に響いて
それはまるで「カレーラス光線」を全身に浴びているかのようでした。
いつもと少しだけ違う声の様子が頭の中を惑わせます。
どこまでも広がるかのような声の波にいつもは飲み込まれていくけれど
今日は広がりが少ない分、でも声の精度や密度?みたいなのは上がっている気がします。
発声法を少し変えたのか?
私の座席のせいなのか?
はたまた私の耳がおかしいのか?
今日の彼はベストコンディションじゃないのか?
それともこれをいわゆる「衰え」というのか?
そんなことを考えて落ち着きなくこの二曲を聴きました。
しかし、時折響かせる高音はとても若々しいことに驚かされます。
カレーラスは「ああ春よ」の最後も全身を振り絞るように歌い
大拍手とブラボーに包まれて、第一部を締めくくりました。
私はカレーラス光線にすっかりやられてしまい
ヨロヨロしながら休憩のために席を立ちました。
(続く)
スポンサーサイト
コメント
わお~
そこには聖テレーズ様
たしかに来ていたと思うわ!

私も忘れもしない・・・
約一年前の奇跡を思い出した。

これからの約2週間は妄想と現実の素敵な
ハザマをいったりきたりね~!

すべての公演が終わったあと、
アヌビス様、エネルギー使い果たして
ひからびてたりして!?





2007/10/29(Mon) 13:56 | URL | クッキー | 【編集
すみません。
またこっそりモードでコメント中で、
うっかり送信(汗)
(時間のある時ゆっくり書けよという
感じですが、このスリルがたまらない!?)

コメントの続き→
いや。ひからびるどことか、
逆にカレーラスパワー充電でばっちりですね!

2007/10/29(Mon) 14:01 | URL | クッキー | 【編集
クッキーさんへ
いつもこっそりコメント嬉しいです♪

やっぱりテレーズ様光臨(笑)だったのね。
テレーズ様といえば、クッキーさんのあの奇跡をいつも思い出します。
最近よくお出ましです^^

二週間後は砂漠に放置されたミイラの如く変貌しているかも。。。
そうならないように、今日から毎日パックに励みます♪
2007/10/29(Mon) 21:56 | URL | アヌビス | 【編集
亡命者へのご返答、ありがとうございます。
続きが早く読みたいーーーーーーー
2007/10/29(Mon) 22:34 | URL | ふにゃこ | 【編集
ふにゃこさんへ
読んでくださってありがとうございます!
盲目的ファンの大暴走文章ですが
お付き合いくださいね。
2007/10/29(Mon) 23:26 | URL | アヌビス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。