上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お隣りの席のご婦人は大阪からいらっしゃった方。
東京公演二つ、金沢そして最後の大阪公演とパーフェクトなおっかけぶり。
ご婦人「大阪はいらっしゃらないの?」
私「はい・・・・・・今日が最後です。」

この大阪のご婦人といい、昼間の寿司屋の大阪のオバチャンといい、
この方たちは神の使いなのだろうか、悪魔の使いなのだろうか。
私の耳元で囁く声がする・・・・「大阪、おおさか、オオサカ行かないの?・・・・

今日はよく彼の表情が見えるのですが、会場の隅々に目を配っているのがわかりました。
その眼差しの何とあたたかかったことでしょう。

第二部
プッチーニはオペラのほうが有名ですが、カレーラスは昔からよく彼の歌曲を
歌っていました。とくに「大地と海」はドラマティックでいい曲です。
60歳を過ぎた今も、昔と変わらない歌唱を聞かせます。
声は衰えているのでしょうが、内面の充実やまたはある種のテクニックが向上しているからでしょう。
進化しつづけるカレーラス。

ドミンゴも賞賛する「カレーラスのフレージングの美しさ」。
本当に、彼の歌を聞いていて心地よく感じるのはこの点にもあると思います。
ステージ上の彼と息を合わせて一緒にくちパクで歌うと
とても身体の中がスッキリする感じ(笑)。
CDでもできるので、是非皆さまお試しください健康になりそうです(爆)。
フレージングの悪い歌手の歌を聞いていると、こちらまで窒息しそうになります。
ナポリのセレナード」は彼のそんな美しいフレージングを十分感じることができました。

前半飛ばしすぎ(?)を感じたのか、第二部は抑えていつものカレーラスに戻りました。
それでも「つばめ」は美しいメロディーが際立つように歌い
君への愛ゆえに」の最後♪ルゼールルゼール♪と繰り返すところは
最初豊かな声でのフォルテシモ、息継ぎなしで次はピアニシモと
先程の美しいフレージング、ダイナミックの効いた表現に心を動かされました。
一本針金が通っているような、ブレないテクニック。
ため息が洩れてしまいます。

遥かなる我が故郷」は今のカレーラスの声にぴったり。
聞けば聞くほど味が出てきます。哀愁と情熱のあるメロディーもいいです。
禁じられた音楽」は、ラストの声が切れる前に、また拍手が起こり始めました。
私も座ったまま、ブラボー!と叫んでいました。
今日もとにかくブラボーの多いコンサートでしたね。

アンコール
?僕に寄り添う影
?パッショーネ
?夢見るフィレンツェ
?ヴィエルノ(冬)
?ヴリア(望郷)


今回はほぼどの公演もアンコールは同じでした。
2曲目のアンコール「パッショーネ」の前奏をピアニストが弾き始めると
カレーラスはエレガントに微笑みながらピアニストに「止めてください」というポーズをしました。
そして「この曲をルチアーノ・パヴァロッティに捧げます」と会場に向かって言うと
ため息のような声とともに、大きな拍手が起きました。
前にも書きましたが彼の声も表情も悲しみに満ちて
全神経を集中させて身体で歌っているかのようでした。
私は客席で、もうハンカチで顔を覆わずにいられなくなり
身体をヒクヒクとさせて聞いていました。
近くの席の人はみな彼の歌う様子に目頭を抑えたり
ハンカチで目をぬぐったりしていて
カレーラスと会場が一体になったような感覚がありました。
歌い終わると、周りの人たちと一緒に私も立ち上がり拍手を送りましたが
気がつくと、本当に多くの人が立ち上がっていました。
カレーラスへの思いと、天国のパヴァロッティにありがとうという気持ちにあふれた
悲しいけれどあたたかい、そんな空間でした。

ヴィエルノ(冬)」はとうとう3回目。
注目の一番のラスト、「君は遠くにいて僕のことなんか考えもしない」のところは
東京リサイタルでは吐き捨てるように、東京ベルエポックでは声を十分に響かせて歌いましたが
今日は眉をひそめて、未練がましく懇願するように歌いました。
ああ、これは母性本能くすぐられまくりです!
私は今日のこの歌い方が一番グっときて、泣きそうになりました。

歌い終えると、彼はバイオリンの人とピアニストと握手をします。
「ええ??、終わり!?」
たくさんのお花とともにカレーラスはステージを去ってしまいますが
前2回のコンサート同様、会場は総立ちでカレーラスの再登場を待ちます。
そして再び「チーム・カレーラス」が現われて
ヴリア(望郷)」を楽団が演奏し始めると、会場は割れんばかりの拍手。
「ヴリア」の前奏はCD収録のものより、コンサート版の方が情熱的で
カレーラスに合いますね?。
最後の最後まで、「会場の一人一人のために歌う」という姿勢を崩さず
コンサートを終えました。

今日は何回ブラボーを叫んだかわかりませんが、(とにかく叫んだ!)
私にとっては今年最後のカレーラス。
鳴り止まない拍手に促されて、最後にひとりで出てきたカレーラスに
「ありがとう??!」と叫びました。
また来年の秋、お待ちしています。

お隣りの大阪のご婦人に「またお会いしましょう」と挨拶をいただいたので
「大阪も楽しんでくださいね」と言いました。
私も東京公演のあと「金沢も楽しんできてね」と言われ
そして今度は私がそれを誰かに伝えていく、まるでそれは
幸せのリレー」のように思えました。
今日のこの幸せを、また感じてね・・・・という気持ちになるのです。
そしてその「幸せのリレー」は、来年の秋にまで繋がっていくのですね。

さいごにもひとつプチハプニング・・・・
アンコールを終え、会場に応えるカレーラスと楽団の皆さんですが
カレーラスはいつものように右手を左右に動かして挨拶しています。
そのまま楽団を紹介したと思ったら、後ろを向いて・・・ナント後ろにも手を挙げてご挨拶

今日はサントリーホールのような後ろの席はありません。

もちろんカレーラスもすぐに気がついたようで
そのまま前を向いてさりげなく挙げた手をピアニストに向け
そしてパヴァーイさんとニガ笑い。
楽団の皆さんもニガ笑い。

・・・・というほほえましい一幕でした。
スポンサーサイト
コメント
アヌビス さん、金沢のコンサートの素晴らしいレポートありがとうございます。カレーラスさんの歌を生で聞くのは初めてでした。本当に彼は素晴らしいです。私はいまだにボーッとしています。
彼が登場して今まさに始まろうとシーンとしている時に、お隣の方が私の足元にパンフレットをバサッと落とされて、彼の顔がこちらを向きました。
「ドキッ、キャー、私じゃありません、ゴメンナサイ」と青ざめました。
彼はニコッと微笑み、そのあとすぐキリッと前を向かれました。誠実そうなお顔・・・。この一瞬で私は「この人はいい人だ」と思いました。

石川県立音楽堂では5日にOEK(オーケストラ・アンサンブル金沢)の定期公演があり、村治佳織さんのギターで「アランフェス協奏曲」「アルハンブラ宮殿の思い出」等演奏されました。二日前の感動が思い出され、カレーラスさんはもう名古屋かしら・・・と思うと悲しくなりました。
この公演のリハーサルは3日に行なわれていたので、もしかしてカレーラスさんもお聞きになったも・・・?。団員の人たちもかなりカレーラスさんの公演に来ていたようでしたし、興奮さめやらず、こちらもなかなか気合いの入った素晴らしい演奏会でした。
「私にも夢がある」それは音楽堂での「カレーラスとOEKの共演」です。実現しないかなぁ。
2007/11/07(Wed) 12:39 | URL | はなこ | 【編集
帰り道はルートを変えたにもかかわらず
5時間半もかかりました。往復12時間・・・
これはもはや愛ですよね。
本当に素晴らしい、精度の高い
濃密な時間でした。
金沢に行って良かった。
カレーラスのおかげでアヌビスさんにもめぐり合うことができ私も「幸せのリレー」のバトンを
受け取ったと思っています。
来年・・・名古屋はなさそうですね(泣
大阪かあああ。その時はぜひランチしたいですね
2007/11/07(Wed) 21:30 | URL | ふにゃこ | 【編集
はなこさんへ
こんにちは!お読みいただきありがとうございます。
そして本番でのお宝ハプニングのご披露、嬉しいです!
そんなことがあったのですね~。でもカレーラスらしいエピソードです。
いつも彼の行動ひとつひとつに優しさを感じます。そんなお人柄が歌にも表れていますよね。

私も村冶佳織さんが好きで、音楽堂の正面の看板見たときに
ホントに残念でした。5日は東京に戻る日でしたから。
きっとカレーラスもリハをお聞きになったのでは・・・・?
だって彼も愛する「アランフェス」ですものね。私も聞きたかったなあ。
OEKとカレーラスの共演、実現して欲しいですね。そうしたら、私はまた是非
金沢に飛んでいきます!
2007/11/07(Wed) 23:45 | URL | アヌビス | 【編集
ふにゃこさんへ
こんにちは!帰り道も大変だったのですね。。。。。本当にお疲れ様でした。
そう!それでも駆けつける情熱・・・・・・愛を感じるわ~
私もきっと一生忘れられない、素晴らしいコンサートだと思います。
そしてふにゃこさんにお会いできたのも、カレーラスが縁を結んでくださったのだと思っています。
カレーラスへの「ありがとう!」コールはそんな思いもこめてみました(^^ゞ

名古屋あたりで歌ってくれると私も行きやすいのですが、難しいですねぇ。
でも、来年は大阪で一緒にカレーラスを聴きましょう!
そしてランチしながらカレーラスへの愛を、大いに語り合いましょう!!


2007/11/07(Wed) 23:52 | URL | アヌビス | 【編集
コンサート会場で隣同士の人と会話をするなんて
普通ではめったにないことだと思います。

ファン同志のあたたかいふれあい。
「幸せのリレー」のバトンを受け取って
カレーラスも毎年来日してくださっているのかしら。

来年の秋も素敵なバトンを受け取れるといいですね★


2007/11/09(Fri) 10:51 | URL | クッキー | 【編集
クッキーさんへ
コメントありがとうね。
カレーラスも私たちからバトンを受け取ってくれて
来年までお元気に走りつづけてくれたら嬉しいな♪

カレーラスのコンサートは本当に不思議で
始まる時は知らない人でも、アンコール終わるとお互い微笑みあったり
「よかったですね~」と声かけあったりしちゃいますね。

ところで今日1号サンとNで久々「ハビビ」踊ったら、すごく忘れてた・・・・・・・
2007/11/09(Fri) 22:24 | URL | アヌビス | 【編集
行かないんですか?( *´艸`)
ぅちの大好きなGLAYも今月から全国52公演のツアーに入ります。
2月以来のツアーで、しかもその時は横浜と埼玉だけだったので
今回は根性でチケットを手に入れてなんとか5公演行けることになりました!

そして一年ぶりに遠征もすることになりまして
1週間中国地方を渡り歩くことになりそうです。
地方のライブって、地元とはまた違う感じ方や楽しみがありますよね。
2007/11/13(Tue) 16:56 | URL | みぃた | 【編集
みぃたさんへ
おおっ!GLAY5公演ですか!?
チケット入手が大変だと聞きますが、5つもゲットできたなんて
やっぱり根性と愛だわ~

地方周りは楽しいですね♪私もクセになりそう。
中国地方、いいですね!楽しい旅になりますように♪

2007/11/13(Tue) 21:35 | URL | アヌビス | 【編集
zithromax antibiotic for sale online mkjf order prednisone online 8P
zithromax antibiotic for sale online mkjf order prednisone online 8P
2011/06/06(Mon) 12:09 | URL | IneedtoknowX | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。