上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書家の父の買い物がメインだった今回の旅行は
文房四宝(硯・紙・筆・墨)のお店が並ぶ琉璃廠(ルリチャン)
ばかりに足を運んでいました。

私のような一般観光客にはあまり面白くないところ。

20071222214816.jpg

何となく味わいのある町並みです。

顔なじみのお店の方や、知り合いの現地ガイドさんに案内してもらって
北京市民が通うレストランによく行きました。
20071222214728.jpg

豚や羊の臓物を、揚げたり煮込んだりしたものばかりを食べる店。
説明を聞くとゾッとして食い気を無くしますが
食べてみるとなかなか美味です。

20071222214745.jpg

食べ尽くした写真で恐縮ですが、これはカリカリに揚げた魚に
甘辛のあんかけをかけたもの。
皮も骨も食べられて、おいしい!!これが一番おいしかったです。
これで日本円で600円くらい。

そして両親が北京に行ったら必ず行くのがこの店。
20071222214841.jpg

通称「八先生」と呼ばれる羊のしゃぶしゃぶのお店です。
「羊」は干支で八番目なので「八先生」なのだとか。
20071222214900.jpg

実は旅行中、父と母そしてガイドさんの3人はひどく風邪をひいていて
私だけが健康だったのですが
このように肉がドド?ンと出てきたとたんに
父と母はガッつくように肉を食べ始めました。

娘「(ぼーぜん)シンジラレナ?イ・・・・私はまだたれをかき混ぜているのに
 この人たちはもうどんだけ肉を食べたのだろう。。。。」


ちなみに少しだけ牛肉もいただいたのですが
だんぜん羊の方が美味しかったです!
スポンサーサイト
コメント
なかなか、ボリュームのある料理ですね。
大きな魚の残骸の姿は正にすごい・・・!

自分達が歳をとった時に、果たして、これほどの
食欲があるだろうかと思ってしまいます。

2007/12/24(Mon) 01:27 | URL | 粋なおやじ | 【編集
粋なおやじさんへ
いらっしゃいませ。
残骸ですみませんね・・・・・・

食欲がなければ元気でいられませんよ!!
2007/12/26(Wed) 00:07 | URL | アヌビス | 【編集
アヌビスさんのお父様って「書家」なのですか?????
お目にかかりたいです!
私も硯と墨好きなんです。平たく言うと墨汁のに・ほ・ひ・・・
書は究極の白と黒の芸術だと思っています!!
2007/12/26(Wed) 00:16 | URL | Yukari | 【編集
Yukariさんへ
硯と墨がお好きとは・・・・・さすがYukariさん奥が深いわ!
来春、父は銀座で小さい個展をする予定なので
もしご都合よかったらご高覧下さいませ♪
2007/12/26(Wed) 10:13 | URL | アヌビス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。