上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰も寝てはならぬ100

誰も寝てはならぬ100% / オムニバス(クラシック)、ラーリン(セルゲイ) 他
1.歌劇「トゥーランドット」?誰も寝てはならぬ/ルチアーノ・パヴァロッティ
2.歌劇「トゥーランドット」?誰も寝てはならぬ/プラシド・ドミンゴ
3.歌劇「トゥーランドット」?誰も寝てはならぬ/ホセ・カレーラス
4.歌劇「トゥーランドット」?誰も寝てはならぬ/マリオ・ランツァ
5.歌劇「トゥーランドット」?誰も寝てはならぬ/マイケル・ボルトン
6.歌劇「トゥーランドット」?誰も寝てはならぬ/ベン・ヘップナー
7.歌劇「トゥーランドット」?誰も寝てはならぬ/サルヴァトーレ・リチートラ
8.歌劇「トゥーランドット」?誰も寝てはならぬ/マルセロ・アルバレス
9.歌劇「トゥーランドット」?誰も寝てはならぬ/アミーチ・フォーエヴァー
10.歌劇「トゥーランドット」?誰も寝てはならぬ/セルゲイ・ラーリン
11.歌劇「トゥーランドット」?誰も寝てはならぬ/ユッシ・ビョルリンク
12.歌劇「トゥーランドット」?誰も寝てはならぬ/アレサ・フランクリン
13.歌劇「トゥーランドット」?「大君に栄えあれ!」/ビルギット・ニルソン


今日、タワーレコードでこのCDを試聴してみました。
1曲を13人で歌うというこのタイプのCDはあまり好みではありませんでしたが
「食わず嫌い」だったようで意外に楽しめました。

我らがカレーラスの他パヴァロッティやドミンゴはもちろん
マリオ・ランツァの名前があるのが興味深いですね。
彼は少年時代のカレーラスの憧れの人であり
ドミンゴやパヴァロッティもきっとランツァの主演映画「歌劇王カルーソー」に
影響を受けているのではないでしょうか。

パヴァロッティは1964年録音のもの。かなり若い頃であるはずですが
録音技術のせいか、声がとても老けて聞こえます。もったいない・・
この頃は輝かしい高音を自由に鳴らしていたのではないかしら。
ドミンゴは1989年録音。これも録音技術のせいかドミンゴの声が
とても軽量に聞こえます。
もっとドラマティックに歌うかと思えば、意外に真面目路線の印象。
カレーラスは1983年のライブ録音。リリックで情熱的に歌います。
病気前で声を自在に操っていますが、最後の超高音の伸ばしは少々短かったかな?

そしてマリオ・ランツァ登場。
パヴァロッティの明るい(声も、発音も)イタリアンヴォイス、ドミンゴの劇的な表現、
カレーラスの情熱、すべてが彼の歌にありました。
まるで「ひとり3大テノール」をやっているようです。
ニヤニヤと楽しんでいましたが、私はランツァの歌が一番良かった気がします。

もうひとり、「ポスト3大」私のイチオシ、マルセロ・アルバレスを聞いてみました。
声もよく、表現も丁寧で好感は持てるのですが
すべてが、まだちょっと薄っぺらい印象を受けます。何かが足りない・・・・・

ジャケットのかわいいワンちゃんが気になります。
♪Vincero??????♪と吠えている様子でしょうか?

こちらで少しだけ試聴できます♪
スポンサーサイト
コメント
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
カレーラスさんの金沢コンサートでのコメント以来、ご無沙汰しております。
OEKの1月の定期公演のパンフレットに、11月3日のカレーラスさんのコンサートでのスタンディングオベ―ションの観客と、それに答えるカレーラスさんの写真が、小さく載っていました。私にしかわからないほど小さくですが、私が居ます、カレーラスさんと一緒に!感動!
ご主人は「多少左側でしたが、1列目」の席とのことでしたが、一列目の真ん中ブロックのステージに向かって左側通路から4人目、6人目あたりに男性が写ってましたがもしかしてご主人では?
2008/01/09(Wed) 11:12 | URL | はなこ | 【編集
はなこさんへ
はなこさん、あけましておめでとうございます。
今年も良いお年でありますように!

金沢の夜は本当に感動的で美しいひとときでした。
街の人もみなあたたかく、またすぐに足を運びたくなります。
ナント、はなこさんカレーラス様と一緒のお写真~~!!!
うらやましすぎますv-10v-10
もう、一生の宝モノですねっ!おめでとうございます!

はなこさんのおっしゃるあたりにたぶん相方がいたことでしょう。
ということは、ヤツもホセ様と一緒ですか?くやしい・・・
席を変わらなければよかったな~。。。
2008/01/10(Thu) 00:18 | URL | アヌビス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。