上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



マリアカラスというバラです。
あの有名なオペラ歌手の名前をとってつけられたそうです。
あざやかなピンク色が美しいですね。
ソプラノ歌手の華やかなドレスを想像させます。

マリア・カラスの歌ってあまり聴いたことが無い・・・・
と、いうよりは、あまり女性歌手を聴かないと言うべきかしら。。
良い機会なので、マリア・カラスのCDを聴いてみることにしました。

マリア・カラス ミレニアム・ベスト マリア・カラス ミレニアム・ベスト
カラス(マリア)、ビゼー 他 (2000/10/18)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


マリア・カラスの声はまるでビロードに包まれたような声で
キーーーーン!」というソプラノではないように感じました。
今回はいろいろなオペラのアリアを集めたものを聴いてみましたが
それぞれのオペラの役柄を見事に表現しているのに驚きました。
「カルメン」で妖艶なハバネラを歌ったと思えば、まだ少女の蝶々さんが
一途な思いを歌う。
そのオペラの場面を容易に思い浮かべることができるのです。

カレーラスの場合、私には「なにをやってもカレーラス」という印象があるのですが・・・・
(でもファンにはそれがたまらないのさ)

一番印象に残ったのはやはり「トスカ」の「歌に生き、恋に生き」でした?。
歌姫トスカのイメージそのままの歌唱。さすが「当たり役」です。
キンキンした声でないので、何故かとてもリラックスできます。
大人の上質なくつろぎの時間を演出するのに最適です!

マリア・カラスのオペラ、聞いてみたくなりました。
トゥーランドット」を歌っているのは意外でした・・。なんとなく冷酷なトゥーランドット姫にマリア・カラスが似合わない気がしたので。
どちらかというとカラフ王子を思いつづけて最後は彼の為に死を選ぶ
奴隷のリューのイメージがありました^^;。
しかしレビューを読むと、これがすばらしいトゥーランドットなのだとか。
図書館に探しに行こう。

あとは「カルメン」!舞台では一度も演じたことがないそうです。
どんなカルメン像なのか楽しみ!

Puccini: Turandot Puccini: Turandot
Giacomo Puccini、 他 (1997/08/19)
EMI
この商品の詳細を見る








スポンサーサイト
コメント
お久しゅう。アヌビスワールド日々全開?
カラスのCD、同じのを持っております。
カラスをファニー・アルダンが演じた映画が公開された頃に求めました。
(ファニー・アルダンがすごくいいのよ、この映画、でもタイトルが出てこないわ)
確かにカラスの声は「キーン」ではないですね。
カレーラス一途のあなたに尋ねるのもなんですが、
ファン・ディエゴ・フローレスってどお?
チケットクラシックの記事に踊らされてCDを聴いてみたくなってるの。
2006/05/27(Sat) 00:49 | URL | ほみ | 【編集
新世紀3大テノール!
ほみさんへ
お久しゅうございます!コメントありがとうね。
その映画、「永遠のマリア・カラス」かしら?私も見たわ!
ファニー・アルダンっていう方だったのね。たしかものすごく「カラスに似ている!」とビックリした記憶があります。

ファン・ディエゴ・フローレス・・・新世紀3大テノールですね!
ベルカントのロッシーニ歌手っていうイメージがあって、ちょっと敬遠していました。(苦手な分野なんだなあ^^;)
以前CD試聴してみましたが、軽量な美声の持ち主~っていう印象かしら。図書館で借りてちゃんと聴いてみようかな。
私も「第2のカレーラス」を求めているのだけど、なかなか難しいわね。

2006/05/27(Sat) 12:45 | URL | アヌビス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。