上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モーツァルト「レクイエム」と違い、しっかりアンコールがありました。

なぜ
「ドン・ジョバンニ」より 手を取り合って
カタリ・カタリ
ローマのギター


以前書きましたように「なぜ」は最近よくお歌いのようで、今週土曜の
大阪公演ではこの曲がプログラムに入っているようです。
また彼にお似合いの作品を見つけてきましたねー。
情熱的に一途な思いを訴える。
六十歳を超えているのに、心はまだまだ老いていらっしゃいません!!
こういう人に、私もなりたい。

カレーラスのモーツァルトが聴けるのもとても稀ですが
特に「ドン・ジョバンニ」が聴けるなんて・・・。日本に生まれてよかった(笑)
バーバラ・ボニーとのデュエットでしたが、最初に彼女が大変上手な日本語で
曲目を紹介します。
カレーラスはそっと楽譜を取り出して(これってバリトンですよね?)歌います。
ひょええええええ?。。。。。と口が開いたまま閉じないワタクシ。
彼の場合は女たらしというよりは、女性の方が群れて群れて
断りきれない・・・・・という感じだと思いますが。
あまーいやさし?いドン・ジョバンニでございますよ

「カタリ・カタリ」では、いつものように前奏で拍手が起こりました。
彼自身もこの曲をとても愛しているんだな、と感じました。
今年どこか海外のインタビューで、一番好きな曲は?と聞かれて
困った様子ながらも「カタリ・カタリ」がその中に挙がっていたように記憶しています。
今年もこの歌が聞けてよかった・・・・・。
この曲を歌ってもらったら、お決まりのスタンディング・オベーション&ブラボー
モツレクの不完全燃焼をかっとばすべく、ここで多くの人が立ち上がりました。

そろそろ最後かな、と思っていた4曲目。「地中海の情熱」に入っている
「ローマのギター」の前奏が流れ、歌いだすその瞬間
くるりと客席に背を向けて、サントリーホール舞台後ろのP席に向かって歌いだしました!

何という美しい身のこなし(?)。エレガントなお姿にため息です。
P席のお客様も大喜びですが、いま「背中を向けられている席」の人も大喜び。
会場全体から拍手が起きています。
「お待たせいたしました」という感じでしょうか。彼の歌い方も熱っぽく
ちょっとジェラシーを感じますなあ・・・・・・・・・・
それにしても何て美しいフレージングでしょう。気持がよくなってきます。

何度かの花束攻勢の後、彼が指揮者とともに舞台に再び登場すると
客席の明かりがつきはじめました。
「終りなの?? 終りなのね・・・・・」とあきらめていましたら、もう一曲。
ハっとして席に座り、聞こえてきた曲は「冬(Vierno)」。
彼が歌いだす前から私は顔をハンカチで覆ってしまいましたよ・・・・・
何でこんな演出をするのかしら。 数多くのレパートリーの中から
まさか今年もこの曲をうたってくれるなんて。
「冬」は日本ではあまり聴かれませんが、歌い手を選ぶ作品だなと思っています。
前に書いたように、歌詞はどーしよーもない男の嘆きなのですが
メロディーは本当に人の心の襞にピタピタピタっとくっついて
忘れられない哀しみに満ちた歌です。
この作品に流れる激情、哀しさ、これを体感し表現できる人でなければ歌えません。
奥が深い・・・・・ホセ様という方は本当に奥が深い。
二番は本当に激しく訴えるように歌い、私も自分がどうしていたのか記憶がなく(笑)
もちろん泣いておりましたのですが。
終演後、席をたつのが本当に恥ずかしいくらいでした。
皆さん口々に笑顔で「素晴らしいわ?」とおっしゃるのに
私は黙ってべそかいたような顔を見られないように、下を向いていました。

ああ、今年も終わってしまいました(笑)
今週は何度か、大阪でお歌いになっていらっしゃるのですね。
土曜日のコンサートもご成功なさいますように。

彼のピアニスト、バヴァーイさん来てるんだ?
http://www.michaelstorrsmusic.co.uk/behind_the_scenes.html

サンケイホールブリーゼの開場記念式典で「新月」「開けておくれ」などを歌ったそうだから
そのためだけにいらっしゃったのかも。
http://www.sanspo.com/shakai/news/081111/sha0811111849024-n1.htm

次はぜひ、彼のピアノで歌ってくださいませ。

妄想レポにお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
また来年、お会いしましょう?
スポンサーサイト
コメント
素敵な時間だったんでしょうね。
地中海の情熱コンサート楽しみですね。
って・・・名古屋・・・はないですよね(涙)
コンサート、行きたいーーーって
しみじみ思うレポ、ありがとうございました!!!

2008/11/14(Fri) 22:32 | URL | ふにゃこ | 【編集
ふにゃこさんへ
駄文お読みいただきまして、ありがとうございました。
愛知にはよいホールがあると思うのですが
名古屋は通り過ぎてしまうのですね(涙)

お江戸にいらっしゃいませ!
サントリーホールの中心で、ブラボーと叫びましょう!!
2008/11/15(Sat) 00:15 | URL | アヌビス | 【編集
No title
私もモツレクとサントリーホールの両方に行きました。
サントリーホールの公演では、アンコールで感動のあまり涙がこぼれてきました。うまく言えないけれど、生きる勇気を分けてもらえたように思います。
2008/11/16(Sun) 01:17 | URL | まりりん | 【編集
まりりんさんへ
コメントありがとうございます。
遅くなって申し訳ございません。

まりりんさんも、あの感動のホールにいらっしゃったのですね。
言葉にならない思いがあふれてくるような、
アンコールでしたね。
私もカレーラスから優しさと、信念を貫く強さを教えてもらったような気がします。
2008/11/25(Tue) 14:40 | URL | アヌビス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。