上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月8日 オーチャードホール。レニングラード国立バレエ。
「イーゴリ・コールプ祭2009」の開幕でございます。
今年は1月のほか4月、そして年末あたりもご来日?
ということで、オーチャードにはよく通うことになりそうです。

ジゼル: オクサーナ・シェスタコワ
アルベルト:イーゴリ・コールプ

あとのキャストはどこかをご参照ください(笑)。

ジゼルは初めて見ます。ま、ほとんどの演目が「お初」なのですね、私の場合。
今年はフィギュアスケートで「ジゼル」が多いようで音楽はよく聞きますが
簡単なあらすじも頭に入れて、会場に向かいました。

オーチャードホールは行くたびにどこに座っても「見にくいぜ」と思うのですが
今回は本当に、舞台のド真中が見えない・・・・・という悲しい現実が。
何でこう、座席に傾斜がないのでしょう。私の後ろの方も、デカイ私の頭が邪魔で
見にくかったかもしれませんね。ゴメンナサイ。

若い伯爵アルベルト(コールプ)は村娘ジゼルをとても愛していて
小屋でこっそり農民の服装に着替えて今日もジゼルに会いに行く。


                    ↓   脳内変換
若い伯爵は既に婚約者がいるにもかかわらず、かわいいジゼルをたぶらかそうと
こっそり農民のふりをしてやってくる。カモ?ン、ぼくの子猫ちゃん


どうしてこういう展開を期待してしまうのでしょう。

舞台が始まると、コールプはそれはそれは純粋なひとりの青年で
心からジゼルが大好き、という感情が微笑ましいくらい伝わってきました。
そう、これもコールプなのです。
私もそこそこコールプ歴を重ね、彼がブラック一色な人でないことがわかってきましたので
以前のように「さわやかだ・・・・・・・ありえねぇ?」と衝撃を受けることはありません
やがて身分が知れることとなり、しぶしぶ婚約者の前にやってくるコールプ。
「ジゼルが好きなんだよぉ・・・・でも結婚の約束は破れないしぃ」
ああ、こういう優柔不断な?役も以前見ましたな。
どうしようもないおぽっちゃま。相変わらず役作りに隙がない。「素」にもどる瞬間がない。さすが。

ジゼル役のシェスタコワは全幕見るのは初めてかな?
これまたコールプに負けず、常に「ジゼル」を舞台で演じていました。
何をしていてもジゼル。演技派だなと思いました。
狂乱の場も真に迫っていて、胸を打たれます。

お近くの席の方が、きっとルジさま(ルジマトフ)のファンなのでしょうか
「どうも感情移入できないわ、彼(ルジさま)のを見てしまうと」
とお話していました。
プログラムには、ルジさまがアルベルトを演じた時の写真がたくさん載っています。
濃い・・・・・
写真だけでもその存在がたいへん濃厚であることがわかります。
あの濃い?コールプでさえ、あっさり見えてしまうほど。

いつもはコールプばかりに目が行ってしまい、他のダンサーはウワの空なのですが
今回は幸か不幸か、コールプの動きさえ見えないこともあるため
他のダンサーの動きも見ることができました。いえ、単に慣れただけ?

第2部のラスト、コールプが全身で悲しみを表すシーンはとても印象的でした。
なんとなく、「カルメン」のラストを彷彿させます。
それ以外にも「おっ」と思うところはたくさんありましたが
何しろよく見えないので(泣)。舞台にグッと入っていきにくかったですね。。。
東急さん、なんとかなりませんか。

会場で配布された「奇才コルプの世界」のチラシが目をひきます。
本番中もこちらの方が気になって、集中できなかったのかも?
久しぶりに濃厚・ブラックブラックなコールプの世界に浸れそうで、楽しみですね。

あ、芸術監督ルジさまの登場はなくちょっとガッカリ。
今回どこかでルジさま&コールプ揃い踏みの舞台が見られたらよいのですが。

次は「海賊」です。
スポンサーサイト
コメント
オーチャードホールにはまったく
困ったものですねー。
視界の真ん中にどなたかの頭があるというのはやはり集中を妨げられます。
Bunkamuraごとぶっ壊して建て直すような余裕は・・・まだないでしょうねぇ東急。多分20年しか経っていないという認識だろうし。
さて、次は子猫ちゃんどころか!忠実なる僕のはずですわよ、どう来るかしら。楽しみ!
2009/01/15(Thu) 00:38 | URL | ほみ | 【編集
今年も楽しいブログ、楽しみです
よく、野球とかで副音声で中継していたり
しますよね。
あんな感じで、アヌビスさんに解説してもらえたら楽しく鑑賞できそうーーー

2009/01/15(Thu) 22:09 | URL | ふにゃこ | 【編集
ほみさんへ
そうなの。我慢はできても集中力が妨げられるのが
実にもったいない(泣)。
音楽ならそういうこともあまりありませんが、
ダンサーが動くたびに前の頭もユラユラ・・・・では(泣)

気を取り直して明日は忠実なる僕を楽しみにv-8
2009/01/15(Thu) 23:37 | URL | アヌビス | 【編集
ふにゃこさんへ
コメントありがとうございますv-10今年もよろしくお願いします。

そのオーチャードホールでカレーラスが「レクイエム」を
昨年歌ったのですが、これまた座席が沈んでいるので
カレーラスの姿がとても見にくかったのです。。
もうあのホールでは歌わないでほしいです。。
2009/01/15(Thu) 23:45 | URL | アヌビス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。