上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第二部。
古典作品の名場面、というところでしょうか。
「眠りの森の美女」よりグラン・パ・ド・ドゥ    クテポア&イシュク
「グラン・パ・クラシック」              マツァーク&カニスキン
「海賊」より パ・ド・ドゥ              シェスタコワ&ボロヴァ
「ザ・グラン・パ・ド・ドゥ」             カブレラ&コールプ            


「眠りの森の美女」のイシュクはとても優しそうでかわいかったです。
見ていて癒されるな?と。こういう人が「王子」にふさわしい人なのでしょうねー。
でも、それは私のタイプじゃないの。

「グラン・パ・クラシック」のナタリヤ・マツァークは圧巻!
エキゾチックな顔立ち、気品ある踊り、すっかり魅了され目が離せません。
第一部でソロを踊った「道」も、本当に素晴らしく存在感のある踊りでしたし
是非また見てみたいダンサーです。
こういう顔に弱いんだわ。

見たことがある踊り・・・・と思ったら、それもそのはず
先日見たばかりの「海賊」が始まりました。
その日と同じシェスタコワの登場に何故か懐かしささえ感じましたが
今日は連日の出演のせいか? ちょっとお疲れのようでした。
それでもこの人が舞台にいると、なぜかホッとします。

さて、第二部ラストはコールプの登場。
噂によれば「ザ・グラン・パ・ド・ドゥ」は大爆笑コメディチック作品だそうで
コールプの黒魔術炸裂することを期待してしまいます。
ノーブルな衣装で笑顔で登場するコールプに対し
エリサ・カリッロ・カブレラはメガネをかけバッグを持って登場。
会場の笑いを誘います。
滑稽な踊りは女性がリード、コールプは平静を装うように
笑顔を絶やさず踊り続けますが、
やがて顔が強張り始め、だんだんむムキになっていく様が
コールプらしくよく作られてるな?と微笑ましく思いました。
もう少し暴れてくれるのかと思っていましたが、やりすぎはよくないのでしょう。
さっき見た作品のパロディ?と思われるところもあり、見ていて大変楽しい作品でした。
また見たいなあ。

第三部
「シーソーゲーム?ブランコのふたり?」
ユリア・マハリナとコールプによる世界初演。本公演のために「白鳥」のパクリタルに
依嘱したのだそう。いやー、気合いが感じられます。
マハリナは「ルジさまのすべて」でしか拝見したことがありませんが
とても個性的で好きなダンサーのひとりです。
舞台には男の部屋と女の部屋。それぞれの部屋に置かれている電話。
電話が鳴るたびに物語は展開します。
男と女が出会い、共に生活しそしてやがて別れていくのですが
どのシーンも男と女はすれ違っている、シーソーのような関係のふたり。
音楽がバッハのシャコンヌに変わってから、男女の緊張感ある関係が描かれ
二人の踊りも感情表現も大変見ごたえがありました。
最後は男が女のもとを去っていく・・・という終わり方をするため
コールプがカーテンコールの時もなんだかマハリナと距離を置いてよそよそしい。
・・・・・・・最後まで完璧だ。。。

このままよそよそしく公演が終わるのはちょっと、と心配していたら
出演者が皆黒い衣装に着替えて登場、一列に並んで今日の主役を待ちます。
コールプも着替えて登場、指をならして合図をすれば
流れる音楽はタンゴ!「ラ・クンパルシータ」。
先ほどまでと違って、自在に音楽にのって身体をくねらせるように踊るコールプ。
ああ、これだ!私はこういうのびのびと踊る彼をずっと見たかったのだと。
どの作品もよいのだけれど、彼の伸びやかな踊りは
その背中に乗って(重くてゴメン)、自由にいろんな世界に連れて行ってくれそうで
とても気持ちがよいのです。
久しぶりにそんな彼を見ました。アブデラフマン以来かな。とても幸せな気分です。

そして最後は脚立?みたいなものに登ったと思ったら、宙に飛んでいってしまいました?
出ました「暴れん坊」ぶりさすが「奇才」だわ・・・・・・・

繰り返されるカーテンコールでは自分より共演者を称え、ひとりずつ呼び出しますが
本人自身はとても控え目でした。
さっきの宙乗りでバイバイ?と去って行った人物と同じかと思うくらい。
そんなギャップがファンにはたまりません。

すでに花束を渡さんと舞台に集うファンもたくさんで、
(はい、その量はまだホセ様ルジ様には及びませんが)
これからもっともっと日本で踊ってほしいと願うばかりであります。
いえいえ、きっとたくさんお会いできるでしょう。
「東京は僕の街、日本は僕の国」ですものね。コールプ王子

次は「Esprit」でお会いしましょうそしてぜひ来年も「オレ様の世界2010」を見せてくださいな。
スポンサーサイト
コメント
まつり絶好調ですね♪
「黒魔術」「奇才」「宙乗りでバイバイ」
なんとも妄想キーワード満載のコールプ様!?
一度このめでお目にかかりたいものです!
「オレ様の世界2010」まで資金確保頑張ろう(笑)
2009/01/28(Wed) 15:13 | URL | クッキー | 【編集
クッキーさんへ
ええ、妄想炸裂の世界です~。
空飛ぶ絨毯ならぬ、空飛ぶコールプに乗ってひとまわり、な感じ。
古典もよいですが、ぜひ「オレ様2010」を見てほしい!
2009/01/28(Wed) 22:55 | URL | アヌビス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。