上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週オープンの日に行ってきました。

カルタゴ
古代カルタゴとローマ展 ?きらめく地中海文明の至宝?
会期:2009年10月3日(土)?25日(日)
会場:大丸ミュージアム・東京(大丸東京店10階)

カルタゴについてはほとんどイメージ程度しか私は知識がありません。
日本史選択ですから??(言い訳にならない言い訳。。)

地中海の女王と謳われ独自の文化を花開かせた「古代カルタゴ」と
ローマ支配下におかれながらも復興した「ローマに生きるカルタゴ」の二部構成。
シンプルで私にもわかりやすい構成。

古代カルタゴの時代にはエジプトやギリシャから伝わってきた
文化の影響を多く受けていたようですが
その完成度の高い美術様式には驚くばかり。

エジプトのイシス女神の像や、ホルスの目、など
「なんちゃってエジプト」風な取り入れ方ではなく
かなり忠実に真似て作られていて好感。

ここでもまた自分そっくりな「マスク像」をみつけて閉口。。。。。。
話は飛びますが、エジプト展に行くと自分に似たミイラマスクとか、いませんか?
私はしょっちゅう出会います。
隣のお客様にジロジロミイラマスクと見比べられた事もあります。失礼ね!

女神アシュタルテの像に、ダンスの衣装を思わず妄想。
有翼女性神官の石棺」にはしばし見とれるばかり。
頭部もエジプトっぽいし、腰から下が翼で覆われているのも
イシスウィングみたい(笑)?
手にハトを持っているのも不思議な感じ。

ハンニバルの紹介もありましたが、これも私は詳しく知らないので
帰りに買って帰りました。
ハンニバル  地中海世界の覇権をかけて (講談社学術文庫)ハンニバル 地中海世界の覇権をかけて (講談社学術文庫)
(2005/08/11)
長谷川 博隆

商品詳細を見る


とにかく展示物がどれも美しく、いくら見ていても飽きません。
歴史に詳しくない私でもとても楽しめました。
妄想に耽って現実を忘れたいアナタ、おすすめでございます。
チュニジアかあ、行ってみたいなあ。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。