上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルはご存知(いや、あまりご存知でないかも)藤山一郎さんの歌う
「東京ラプソディ」の出だしです。
いつも踊らせていただくケアホームで今年最後のダンス。
来月この歌で踊ることにしました。

今回は年末ということで「オール日本の歌」がテーマ。
踊る紅白歌合戦」です。
ホームの方にアンケートをとっていただき、いくつかの候補曲から
メンバーが選び、または自分のとっておきオリジナルを踊ります。

正直アンケート結果を見てみんなで「う???ん。。。。」と唸ってしまいました。
「東京ラプソディ」もどんな歌だっけ?とあわててインターネットで調べたのです。
藤山一郎さんの声っていいなあ、でも踊りにくいなあ?と思って聴いていると
気になるフレーズが出てきました。
「あの子はダンサーか ダンサーか 気にかかる あの指輪」

何故かここでピピピ♪と妄想が炸裂(笑)
花いっぱいのイメージ、少しレトロな雰囲気から
花柄のフラメンコの衣装でアバニコ(扇)を使うことにしました。

ま、フラメンコの衣装って水玉か花柄しかないんですが^^;

銀座、神田、浅草、新宿と東京のさまざまな街が歌われます。
振付はこれからきちんと決めますが
それぞれの街のイメージを描きながら
音楽を大事にして踊りたいなと思っています。

「東京ラプソディ」、そして友人の選んだ「365歩のマーチ」も
いま聴いてもとても元気が出る歌です。
昭和という時代は、歌が人々を支えてきたことを強く感じます。

当日は歌詞カードを配って、ホームの皆さんにも歌っていただく予定です。
最後はクリスマスソングで一緒にダンスを楽しんでいただきます♪
みなさんお上手なので、こちらも負けずに頑張らなければ!

私たちが年齢を重ねて、ケアされる側になって
若い人たちが私たちに歌や踊りを披露してくれるとき
何を聞かせてくれるのでしょう?
もしそれがピンクレディーの「UFO」だったりしたら
その歌を知らない世代の子たちが
一生懸命歌ったり踊ったりするのを見て
私は激しく感動することでしょう。

スポンサーサイト
コメント
藤山一郎氏がまだお元気で、決まって紅白歌合戦の最後「蛍の光」で登場されていた頃は私も毎年見ていたのよねー、紅白。
そして彼のたたずまいとお声が好きでした。(子どものころからじじい好みだった?)
恋の都、夢のパラダイス、花の東京~
ってやつでしたっけ?
見てみたいなあ。アヌビスさんたちの踊り。一緒に歌いたい(踊りたい?)
2009/11/26(Thu) 23:37 | URL | ほみ | 【編集
ほみさんへ

そうそう、その曲です。
私も学生の頃、藤山一郎と「スジャータ」のCMに出ました^^
ピアノを弾く彼の裏で♪スジャータ スジャータ♪のバックコーラス。
口ぱくだったから、合唱団使わなくてもよかったのにねー。

今度是非ほみさんもご一緒に踊りましょう♪

2009/11/27(Fri) 22:19 | URL | アヌビス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。