上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年バレエダンサーの「イーゴリ・コルプ祭り」にさんざん踊らされた私ですが
コルプに出会わせてくれたのがルジマトフ。
久しぶりに踊るルジマトフを見に行きました。
彼が踊る最後の「バヤデルカ」です。

ルジさまの全幕バレエを見るのは初めて。
客席には長年彼を見守り続けてきたファンがたくさんいらっしゃるようです。
その方々に比べたら新参者の私ですが
素人なりの視点で感想を書かせていただきます。

<キャスト>
ニキヤ (バヤデルカ) イリーナ・ペレン
ソロル(騎士) ファルフ・ルジマトフ
ガムザッティ(藩主の娘) オクサーナ・シェスタコワ
大僧正           ニキータ・ドルグーシン

いつものように以下省略m(__)m あらすじもどこかをご参照くださいm(__)m

以前コルプのソロルを見ているので、どうしてもその比較をしてしまいます。
ソロルは二キヤを愛しているのですが、藩主の娘ガムザッティと結婚することになってしまいます。
まあなんてヒドイ男・・・・・・というお話なのですが
コルプはこのあたりの小芝居が見ごたえがありました。
背中で迷える男の心情を表したり
顔を曇らせたり視線そらして苦渋の表情をしてみせたり
「仕方がなく結婚するんだよ??」とイイワケ満載(笑)だった記憶が。

しかしルジさまは違う!!
確かに愛しているのはニキヤなのですが、藩主の娘と結婚する運命を
あっさりと受け入れている。
彼のストイックさがそう見せるのかもしれませんが
誰と結婚するか、という問題はソロルの生き方にあまり関係ないように感じました。
見る側はルジマトフに思い切り納得させられてしまいます。
「この結婚は正当なものだ。ニキヤはあきらめの悪い女だ」

ルジさまの踊りは、登場の瞬間からまさに「神」。
そして彼の踊りはただ芸術の神に捧げられているかのよう。
女性を持ち上げたり、支えたり・・・・を彼がするなんて
なんて「もったいない」ことでしょう。
それならいっそ、ただ歩いていてほしいと思う私。歩くだけでもそれは美しい舞なのです。
彼の演じる役や、その心情、ストーリーなどはどうでもよくなってしまいます。

だから最終幕でソロルが「やっぱり結婚できないっ!」という展開になっても
同調しにくかったのです。
ソロルってそんなにニキヤを愛していたかなあ?と思ってしまうのです。
第一幕でもニキヤとラブラブな感じはなかったしー。

ああ、ルジさまには「阿修羅」みたいな孤高の舞が似合ってしまう、
そんな領域に行ってしまわれたのかしら。。。

ペレンのニキヤはとても色っぽく、踊りも素晴らしかった。
バヤデルカの衣装はいつもあんな感じ(どんな?笑)らしいですが
ちょっとドキドキするくらいセクシーに見えました。
シェスタコワのガムザッティは「うまいっ!」と叫びたいくらい。
彼女の踊りは去年よく見たのですが、
ガムザッティの「コワ?い女」っぷりをよく表現していて
ニキヤとの修羅場も見ごたえがありました。こわ?い。

今回はバレエ狂の友Hさんと見ましたが
彼女のツボはなんと「大僧正」役のドルグーシンだったとか。
私なんか、舞台上のルジさま+女性二人しか目に入りませんが
Hさんはしっかり隅にいる大僧正の芝居まで見ている。ベテランは違うなあ。

ルジ様のソロルは確かにその存在だけで観客を納得させてしまうけれど
私はコルプのドキドキハラハラ目が離せない小芝居が好きかも。

カーテンコールでは客席総立ちとなりました。
今年、また日本で踊ってくれるそうです。シェヘラザード、絶対見に行くぞ。


スポンサーサイト
コメント
.
ようやく参上仕りました。
そうだったの!ルジ様の「やっぱり結婚できないっ」に納得していなかったとは。
確かにそんな境地にいるソロルでしたね。
私も小芝居満載のコルプ ソロルの人間臭さに魅力を感じるな~。
ルジ様は歩くだけで、いえ、立っているだけで美しいのよね。究極のダンサー。
そして立っているだけで色っぽく悩ましくエレガントなドルグーシンに私はやられたのでした。
でもベテランじゃないわよー。私程度でそう自称したら石投げられるわっ。
2010/01/16(Sat) 22:18 | URL | ほみ | 【編集
ほみさんへ
お忙しいなかありがとうございます^^

ドルグーシン、色っぽかったわね。
カーテンコールではルジさまの彼に対するリスペクトを感じられて
胸が熱くなる思いがしました。

なんでルジさまを見ると、コルプの踊りが見たくなるんでしょ?
こりゃ、本家分家逆転なのかしら。。?
2010/01/17(Sun) 12:34 | URL | アヌビス | 【編集
本家も分家もなし。
美しいものは美しい。好きなものは好き。
何か感じるものには何かを感じる。
それはその日そのときそれぞれ。
それでいいのではないの~
ルジ様を見てコルプを見たくなり、コルプを見てルジ様を見たくなる、そんなのも素敵じゃない?
2010/01/17(Sun) 21:08 | URL | ほみ | 【編集
ほみさんへ
そうね、それでいいのよね。
好きなものは好き、でいいのよね♪
コルプを見ると「ルジ様ならどう踊るのだろう?」と気になるし。
ああ、今年は二人で同じ舞台に立ってくれないかな。。。
2010/01/18(Mon) 20:58 | URL | アヌビス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。