上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月に大学のOG合唱団演奏会で歌わせていただくことになりました。
記念演奏会なので、現役学生と一緒に歌うステージがあります。
瀬戸内寂聴さん作詞、千原英喜さん作曲の「ある真夜中に」。

今週、合唱団OGの後輩ふたりとフレンチのディナーを楽しみました。
写真撮り忘れて残念。とてもおいしくて、楽しいひとときでした。
そこで、このステージの話になり
二人から「楽譜は自分で用意する」ことを教えてもらったのです。
募集要項をよく読んでなかった・・・というか、全然読んでない(笑)。
頼りになる後輩です。助かります。

急いで楽譜を注文、今日届きました。早い、便利な世の中です。

寂聴さんの詩を読んで、絶句。
たぶん恋だの愛だの多少経験してきた女性なら、
誰もが思い当たる言葉がちりばめられています。
「愛から悩みが生まれ」「この星に生まれて」「寂庵の祈り」「ある真夜中に」の
4曲からなる組曲です。

最終曲「ある真夜中に」の歌詞↓
http://yyimage.web.fc2.com/hitotuno/suba4arumayonakani.htm
(音が出ます)

究極の愛のかたちとはプラトニックラブであり、無償の愛なのだそう。
あなたがそこにいるだけで幸せ。
たとえあなたに触れることができなくても。
このフレーズ、しばし号泣でした。

これが高校生のコンクール課題曲だったのかー。
大学生がこの感覚わかるかな?といらぬ心配をしてはみるものの
彼らは彼らなりのピュアな感性で歌うかもしれませんね。

6月の演奏会では10代?70代の女性が集ってこの作品を歌います。
それぞれの世代が経験した愛を歌う・・・・なんて考えただけで
妄想が膨らんで、
すんばらしいステージになるんじゃないかと期待。

うまくいけばね。
でももしかしたら私は歌いながら泣くかもね。



スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。