上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年に入ってから「マカーム」の勉強をしています。
マカームって、アラブ音楽の旋法のことを言うのですが
私はまだ初学者でよく説明できませんので
http://www.arab-music.com/theory.html
こちらをご覧くださいませ。

ウードのレッスンで、とりあえず基本の7つのマカームを覚えることに。
マカームって何百、または千いくつとあるそうな。驚いた。
最初は「ド」から始まる「マカーム・ラスト」。
ド レ  ファ ソ ラ  ド
この「ミ」と「シ」が、あのいまわしい「クォーター」という音になる。
つまり「半音の半音」なのです。

半音の半分といっても「高めのクォーター」「低めのクォーター」、
厳密にはもっといろいろビミョ??な音があるらしい。
「ラスト」のクォーターは高め。

先生が弾いてくれたのは、あの「カエルのうた」。
♪ドレミファミレド ミファソラソファミ♪
「これが日本のカエルね。」
次に同じカエルのうたをマカーム・ラストで弾いてくれた。
♪ドレファレド ファソラソファ
「これがアラブのカエル。ちょっと暑さでやられちゃったみたいな。
アラブは雨が降らないからね。」

聴き比べると確かに・・・・ビミョ?に違う。ミの♭が上ずってるみたいな感じ?
日本のカエルのほうが潤っていて元気そうだ。
一音の幅って広いんだなあと。

しかし練習曲で弾いてみると、普通のミとどこが違うんだろう?と思ってしまう事がある。
最終的には「感覚」らしいんだけど。

先生が一言。
「これって日によって、体調の影響とかで音が微妙に違うことがあるの。
だから『この間と音が違います』なんて言わないでね、ヘコむから。」

さすがだ・・・・・
私がついうっかり言ってしまいそうなツボをおさえていらっしゃる。

そんなわけで、最近「かえるのうた」で練習することが多くなりました。
ご近所さんは「???」っていう感じかなあ。
「暑さでバテてるカエルみたいね」と言ってもらえれば、成功なんだけど。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。