上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前のフラメンコ教室で、私はカルチャークラスの代教をしていました。
昨年春に教室を辞める時、代教もやめさせてもらったのですが
生徒さんには「やめます」と言えなくて
(事情を説明するわけにいかなくて)
「また来週ね」と言ったのに、次の週から先生が代わったのです。
私はひどい先生です。

心配した生徒さんが、どこで聞いたのか私のメールアドレスを調べ出し
「先生、いつ戻ってくれますか」とメールを送ってきました。
私は困りつつも「いま仕事が忙しいので、落ち着いたら行きます」
としか返事を書くことしかできませんでした。

その秋、辞めた教室の発表会を見に行きました。
私の教えていた生徒さんもみな参加していてホッとしたものの
彼女たちの表情が全然良くないことに心配もしました。
こんな顔して踊る人たちではなかったのに。

終演後、彼女たちは私をみつけてくれて
泣きながら聞いてきました。
「先生、いまどこで踊ってるの?先生のいるところに行きます!」
私も思わず涙がでましたが、さすがに今の教室を言うわけにもいかず
今は踊ってないんです、と言うことしかできませんでした。

彼女たちは、この発表会を最後に教室を辞めると言いました。
私には何も言う資格はありません。
それでも私が体調が悪くて踊れないのではないかと
心配してくれる優しい生徒さんたちでした。

別れるときに生徒さんのひとりが言いました。
「先生、またきっとどこかで踊ってね。先生のファンはたくさんいるんだから」
私も彼女たちに、きっといい教室があるから
せっかくフラメンコに出会ったのだから、続けてほしいと言いました。

もう私のような無責任な者は、先生になってはいけない。
その時そう固く思ったのですが。

来月から、今の教室で初心者のクラスをふたつ、教えることになりました。
あの日のことを忘れたわけではないのですが
今の先生にはとても感謝しているので、ただ私で役に立てればという
そんな気持ちだけで引き受けました。

そして後押ししてくれたのは、「またどこかで教えてね」という
あの生徒さんの一言だったのだと思います。

いまは新しい教室の振り付けや進め方を覚えるので精いっぱいなのですが
もう二度と生徒を泣かせる先生になってはいけないという覚悟で
踊ることの幸せを、私なりに伝えていけたらと思います。


スポンサーサイト
コメント
そういうことがとても大事ですね。

教えられるということ、とても幸せなことだと思います。
2010/05/14(Fri) 22:32 | URL | 粋なおやじ | 【編集
粋なおやじさんへ
ありがとうございますm(__)m

がんばります。
2010/05/14(Fri) 23:32 | URL | アヌビス | 【編集
生徒さん達にこんなに慕われているなんて、アヌビスさんの人柄がそうさせるのでしょう。改めて尊敬します。

私も7月から自分の仕事より若者達の指導を中心にやっていく予定です。アヌビスさんみたいに時が経っても慕われる先生になりたいです。
2010/05/15(Sat) 00:40 | URL | くま | 【編集
くまさんへ
身に余るお言葉、心にしみます。ありがとうございます。
私の元師匠が気難しい人でしたから(笑)
生徒さんからすれば、私の方が気楽だったのでしょう。

くまさんも夏からいよいよ新しいお役目を迎えるのですね。
きっとくまさんなら、親切で皆から慕われるすばらしい指導者に
なられると思います。
お互い頑張りましょうね。
2010/05/16(Sun) 21:43 | URL | アヌビス | 【編集
アヌビスさんへ
たとえ代講でも、生徒さんの気持ちを考えられるなんて、優しい人ですね。v-290
どんな種類でも、生徒さんからしたら先生って大きいですよね。凄く影響されると思います。v-352

2010/09/09(Thu) 21:32 | URL | milktea | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。