上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラシド・ドミンゴさまが久しぶりに来日し
ソロ・コンサートで歌うそうです。

http://t.pia.jp/feature/classic/domingo/domingo.html

「華麗なるフィナーレへの始まり」
これがどういうことなのか、想像するのは難しいことではありません。

指揮もするドミンゴですから、まだまだ音楽界で活躍するでしょう。
しかし、何といっても彼は世界が誇る素晴らしいテノール歌手。
歌手としてステージに立てる時間は、もうそんなに長くないのかもしれません。

生で彼を聴ける最後のチャンスになるかも。
カレーラスと違って、なかなか来日しないドミンゴゆえ。

行こうかどうしようか。
またまた悩むところです。

そして何年かすると、カレーラスもステージを去る日が来るでしょう。

私はその日を、どんな風に迎えるのでしょうか。


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。