上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都内某所のコーヒーが美味しいカフェでのフラメンコライブ
無事終了しました。
ご来場の皆さま、お店の皆様、共演者の皆様、
お世話になったすべての方々に感謝申し上げます。

当日生徒だけで行った自主レッスンで燃え尽きて
(・・・・っていうか、それまでにちゃんと練習しようよ)
カフェでのリハはちょっとお疲れ気味。
出演順も、踊る曲もリハの場で決まるという(!)
恐ろしい体験をさせていただきました。

いつ何時でも、何でも踊れなきゃいけないのねー・・・・

今回共演させていただいたギタリストさんは、今とても売れっ子なのですが
「アーティスティックなフラメンコは他の誰かがやればいい、
自分はもっと広くいろいろな人々にフラメンコと触れてもらいたい」という
熱い気持ちに溢れている人で
ライブ中のトークでも、わかりやすく観てる人が参加しやすいような
雰囲気を作ってくれました。
カンテさんも同じように、楽しいお話で場を盛り上げてくれます。

たとえばハレオ(掛け声)の種類やタイミング、
舞台では踊り手が、バックに何をしてほしいか全部指示を出しているので、
ギターやカンテはその指示を見逃さないようにするのが大変・・・などなど。

私と友人Kさんは一緒にグアヒーラ・ライブバージョン(笑)を踊りました。
ギター&カンテさんの2台のギターによるジプシー・キングスの
「インスピレイション」(鬼平犯科帳の、アレです)の素敵な演奏の後に
ちゃんと名前を呼ばれて登場。

狭いスペースでアバニコ(扇)振り回して、少々心配でしたが
お客さまからもたくさんハレオをかけていただき
その場にいる人みんなで「フラメンコしてる!」感覚にワクワクしました。

情熱的な踊りの多いフラメンコの中で、
珍しく優雅なグアヒーラは「Guapa!」というハレオのかけどころ満載(笑)
・・・・・・な振付になってます。
「Guapa!」とは「いい女」っていうことです(^^ゞ
まあ、本人がguapaかどうかは置いといて
同じクラスの人が、ちゃんと「Guapa?!」と絶妙なタイミングでかけてくれて
嬉しかったです。
発表会の時も、パルマ叩いてくれたゲストダンサーの方が
たくさん「Guapa!」と言ってくれて、気分が盛り上がりました。

あ、でもライブ後教室の生徒さんに
かわいかったですよー」と言われたのでした。
いい女」にはまだまだ遠いのだろうか。。。。

そして先生のソロ。アレグリアスではとてもかわいらしく
ソレアは本当に色っぽく力強く踊られていて素晴らしかった。

お店の常連のお客様がたくさん来て下さったのですが
皆さんとても楽しんでくださいました。
お店の雰囲気も、何となくスペインの田舎のパルみたいな感じで
フラメンコと合っていたようです。

踊りの出来はいつもの事ながら、反省点はいっぱい。
特に、はけるところのブレリアで1拍ズレた(T_T)
さっさと引っこんでしまいましたが・・・・・

もっと頑張ります。
フラメンコって素晴らしい。改めて感じた一夜でした。


スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/09(Tue) 20:10 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。