上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どこかの占いで、今月は私の人生を変えるような運命の出会いがあると書いてありました。
外国に関係があるかも、とも。

誰だろう?(ワクワク

先週レバノン出身のパーカッショニスト、スーさまことスヘイル・カスパーさんの
演奏を聴きに行ったので、もしかしたら彼かも・・・

と、期待していたけれど違っていたみたい。

でも、その出会いは思わぬところでやってくる。

今週、友人とフラメンコライブを見に行きました。
カンタオールが前の教室でずっと歌ってもらってたスペイン人のCさん、
バイレの一人は私の友人が今、師事している先生なのです。

驚いたことに、その踊り手Kさんは私の前の師匠にも教わっていた方。
(もうン十年も前だけど)
でも公式プロフィールには載せていません。
長年スペインで生活し、フラメンコを学んでいらした方だそうです。

Kさんはまずソレアを踊りました。
はっきり言って、私の元師匠とは対極にあるような踊り。
元師匠は基礎に忠実で、舞台で美しく見せることにこだわっていたのに対し
Kさんはもっと感情をあらわにし、踊りでなく体全部で表現するフラメンコ。

たぶん私が踊りたいフラメンコとは違うタイプ。
以前だったらそこで「あー、好みじゃないわ」と思って終わりだったはずなのに
そのKさんの踊りを否定していない自分の心に気が付きました。

Kさんのソレアはギターとカンテを身体で聴いて
そこで何を感じているのか、手に取るようにわかる情感豊かなな踊りでした。
Cさんのカンテもまた素晴らしく、歌に踊りが反応し
踊りに歌が呼応する・・・・という、まさにフラメンコな瞬間に
思わず涙しておりました。

こういうソレアを踊りたいんだよ、私は。。。。

習っている友人の話では、先日終わった発表会でもKさんはソレアを踊り
Kさんは泣きながら踊っていたそうです。
あとで「スペインにいたときの事をいろいろ思いだして
感情があふれてあふれて仕方がなかった」とおっしゃったそうです。
のほほんとレッスンを受けてのほほんと踊っている私なんかとは
比べ物にならない人生経験をしている人のフラメンコ。
(もちろん年齢も重ねてらっしゃるけれど)
苦しさ、悲しさと孤独そしてそこから這い上がる希望と喜びのソレア。

友人は個人レッスンを受けていて、とにかく情熱的で熱い先生だと。
そして自分の知っていることすべてを教えてあげたいという熱意に溢れ
生徒の気持ちを全部受け止めてくれる人だよ、とも。

熱い先生。
このひとことに私はビビビときました。
Kさんに習ってみたい!!
私のフラメンコを変えてほしい!

友人にそれを言うと、
実はずっと私に紹介したかったのだ、と言ってくれました。
でも今のフラメンコ教室のこともあるから
言いにくかったそうです。

ライブが終わって早速Kさんにご挨拶に行きました。
怖そうなイメージでしたが、私服に着替えたKさんは下町育ちの
粋なネエさん」みたいな、かっこいい女性でした。

初めてKさんと目と目を合わせた時、私の魂が思わず
「先生!」
と呼びかけたような気がし、
Kさんも、初対面なのにまるで長年指導している生徒のように私に接してくれました。
ああ、妄想ですね・・・・すみません。

その場で弟子入り希望をし、個人レッスンを受けることになりました。
また「会ってスグその場で弟子になる」得意技をやっちゃった。
でもそんなときの私のカンはもの凄くいいのです。

包容力のある、情熱的なK先生に私は徹底的に鍛えられたい。
K先生を思うと何だか初恋のようにドキドキしてしまいます(笑)

これが、私の人生と踊りを変える運命の出会いと信じたい。





スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。