上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうそろそろ春ですよー

ということで、起きてみることにします(笑)
元気に生きてますよ?。ご安心ください皆様(誰も心配など・・・

昨日は友人とフラメンコのカンテライブに行きました。
今をときめくスーパースター、イケメンカンタオール・I様です。
発表会で歌っていただきましたが
明るくて優しくて歌がうまくてと、三拍子揃った素敵な方です。

場所はグラナダの洞窟を思わせるギャラリーの地下。
ギタリストと二人っきりで、その場のノリや雰囲気で何を歌うか決めていきます。
あー、これがフラメンコだよね。

ソレアやティエントスといった私の好きな曲種を歌ってくれて感激。
どちらも重たい曲だけど、彼が歌うと絶望的にならない。
最後には苦しみも哀しみも昇華される希望がある。
ソレアは後半ブレリアに、ティエントスはタンゴになって
軽快に終わって行くように。

ティエントス後半何曲か歌ったタンゴの1曲は
昨年私が習った歌だったので、これまた嬉しかった。

みんなでタンゴを歌うコーナーもあり、面白かったです。
歌詞はたった2行、I様によれば歌詞の意味は「丁か半か」(笑)
人の考えや意見は様々だ、ということらしいですが
フラメンコの歌詞ってこういうのが多そうですね。
意味がなさそうであるような。

最後をファンダンゴで締めました。熱唱でした。
ファンダンゴって歌い手にとっては特別の思いがあるみたいです。

スペイン人のギタリストの音色は丸く優しく綺麗で
軽めのI様の声によく合っていました。
フラメンコギターいいなあ。
カンテもやってみたいなあ。

そろそろ「踊る阿呆」を卒業したらよいのかな?

いやいや・・・・踊りについてまだ学ぶべきことはたくさんあるのです。



スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。