上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060808215823

   先週末、東京都美術館で開催されている
    「ペルシャ文明展」に行ってきました。

    夏休み中ではありましたが、
   それほど混雑もなく
     ゆっくりと見ることができました。







 展示されていたのは、ペルシャの工芸品・土器が中心でした。
 最初に登場する器の美しさに目を奪われます。
 大理石を薄く薄くくりぬいて作ったものだとか。
 ガラス工芸を思わせる美しさと繊細さ。
 5000年前に、このような技術があったとは。
 
 動物型土器もたくさんありましたが、どれもピカピカに磨き上げられています。
 これらを丹念に作り上げた人々の思いが伝わってくるようです。

 古代ペルシャの人々は征服した国や交易関係にあった国々の文化を尊重し
 自国の文化に上手に融合させていったようです。
 エジプトの神・ホルス神の像をみつけましたが、これはエジプトで
 作られたものではないようでしたし(上手だったけど・・・)、
 イシス女神像は、当時既にギリシャ化されているから仕方がないものの
 「エジプトのイシス」とはとても思えないお姿になっていました・・

 しかしながら、古代ペルシャの豊かな文化を感じることができました。
 実は、イランは行ってみたい国の1つなのですよね・・・

 今回、音声ガイドを借りてみましたがナレーションは
 山内一豊様・・・・でなく、俳優の上川隆也さん。
 わかりやすい解説でよかったです。


 
スポンサーサイト
コメント
ペルシャ!
アヌビス様
さっそくペルシャ展いかれたのですね♪
私も終わらないうちにいかなくちゃ(^_^;)

以前は、恥ずかしい話、中近東とかアラブとか
ペルシャとか、どこがどこら辺なのか
区別がまったくつきませんでした。
今もごっちゃになっていますが、
イランはペルシャなのですよね。

それにしてもローズ水は・・・・・
やっぱりZAKUROですか??
また景気付けにオヤジのリップサービス受けに
いきたいですね~♪
2006/08/09(Wed) 14:14 | URL | クッキー | 【編集
私も・・・
実は、私もその辺の地理はめちゃくちゃ。
展覧会に地図やら年表やらたくさん貼ってあるので
「ほお・・・・・・」とまるで夏休み自由研究のお子ちゃまのように
見ていました。

ローズ水はペルシャ展で買わないように~
ZAKOROは本当に素晴らしかった!
「本番前」に是非一度あのオヤジのテンションを
いただきに行きましょうよ!
2006/08/09(Wed) 23:01 | URL | アヌビス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。