上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060813125418

  「始皇帝と彩色兵馬俑展」を見に
江戸東京博物館に行ってきました。
       10月9日まで開催中です。






兵馬俑展は今までも数多くありましたから、珍しいものではありませんが
今回「彩色兵馬俑」が世界で初公開とあって、会場は思いのほか賑わっていました。
特に司馬遷の「史記」との接点となる時代の武具、彫塑、装飾品が展示されています。

私は中国史に疎いので、どれを見ても「ふーん」「ふーん」・・・という感想しか持てず。
しかし展示物とともに「史記」の紹介がされていて
「鴻門之会」とか「四面楚歌」・・・・など、高校時代の漢文の授業を思い出し
懐かしい気持ちになりました。
特に項羽が愛人・虞美人に対して
「虞や、虞や、汝を如何せん」というところは忘れられません。
今回もいろいろな発掘物があるのに、一番心に残ったのは
この項羽と虞美人の別れを描いた絵の複製・・・・だったとは・・・。

暑さのせいか、展覧会をボーッと眺めているうちに睡魔に襲われて
せっかくのバーチャルリアリティーシアターでは半分ほど睡眠。

・・気を取り直して、博物館内の甘味処で一服
梅あんみつを食べましたー。復活!!

20060813125433.jpg


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。